3月決算企業の第1四半期決算発表もほぼ終わりましたが、第1四半期ということもあって通期の業績予想を上方修正する企業はあまり多くありませんでした。しかし、3月決算企業の第1四半期決算発表と並行して行われていた12月決算企業の中間決算発表では折り返し地点ということもあって通期の業績予想の上方修正に踏み切る企業も比較的多くみられました。

投資のヒント,12月決算銘柄,大幅増益予想
(写真=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回は業績予想の上方修正に踏み切った12月決算企業のなかから、上方修正でそれまでの一桁増益予想が二桁の大幅増予想となった銘柄をピックアップしてみました。

例えばJUKI <6440> では3%余りの増益予想だったものが上方修正に踏み切ったことで30%近い増益予想となっています。また、アサヒグループホールディングス <2502> でも国内の飲料や食品事業の増収に加え、新たに連結した中東欧ビール事業が上乗せとなることなどで7%弱の増益予想が20%を超す増益予想となっています。

◆上方修正で一桁増益予想が二桁増益予想となった12月決算銘柄

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
雇用統計とダウ平均の9連騰
週初は19,500円前後でのスタートか その後は徐々に戻りを試す展開を予想
世界の債務膨張: 高リスク債の動きを注視
2017年7月米国雇用統計プレビュー
【決算メモ】トヨタ(7203)