東南アジアのコンドミニアム建設の中でも注目度が高いのがタイの首都バンコクだ。特にBTS(高架鉄道システム)沿いを中心とする都市部で、近年投資向けの物件が続々建設されている。物件については転売目的のものと家賃収入目的のものあるが、バンコク中心部の人気物件は外国人駐在員を対象にした物件となっている。

バンコクは世界第2位を誇る渋滞都市でもあるが、BTSが近いと渋滞の心配をする必要がなく、移動がとてもスムーズだ。そんなバンコクではBTS沿いを中心に続々コンドミニアム建設が進められている。24時間警備、フィットネス、プール付きのいわゆる高級コンドミニアムだ。2017年4月に発表されたタイの経済成長率は、2017年3%と高い成長率となっている。バンコク首都圏の土地価格について、民間の不動産コンサルト会社、タイ不動産鑑定会社(AREA)によると、年々高騰しており2017年は4%前後の上昇と予測している。

BTSアソーク駅(MRTスクンビット駅)周辺の物件

タイ,バンコク,コンドミニアム
(画像=ANANDA社Webサイトより)

BTSアソーク駅は、MRT(地下鉄)スクンビット駅と交わる主要な駅である。このあたりは「ターミナル21」という巨大ショッピングモールやオフィス街となっている。周辺にはビジネスマンや観光客向けのホテルも立ち並ぶエリアだ。バンコクで建設ラッシュのコンドミニアムの中でもBTSアソーク駅周辺のコンドミニアムは特に注目を集めている。特に最近話題になったのがの「アシュトン・アソーク」という物件だ。この物件はANANDA社と三井不動産が共同で開発を手掛ける物件だ。

場所はMRTスクンビット駅から20メートル、BTSアソーク駅から230メートルという好立地となっている。プレセールで即日完売という現地では有名な物件である。アソーク周辺はBTSとMRTの両方がアクセスしているため人気のエリアではあるが、さすがにプレセールで即日完売は珍しいケースだという。

アシュトン・アソークの購入層は?

「アシュトン・アソーク」の購入層はタイ人の富裕層と外国人投資家である。家賃収入よりも投資向けに購入する人が多い。そのためオープン前に転売するケースも多いことが予想される。タイでは好景気が長らく続いており、まさしくバブル状態だ。大型ショッピングセンターやコンドミニアムについても建設ラッシュとなっている。

今、投資家たちが注目しているのがコンドミニアムへの投資だ。家賃収入や転売などケースバーケースではあるが人気物件のプレセールには多くの人が押し寄せ、購入も早いもの勝ち状態となっている。

タイでは外国人の場合、土地や戸建ての所有は認められていない。認められているのはコンドミニアムだ。そのため外国人投資家たちはBTS沿いの人気物件に投資する例が多い。特にBTSサイアムやシーロム、ラチャダムリエリア、アソークエリアは物件相場500万バーツから600万バーツ(日本円で約1600万~2000万円前後)と高値の取引がなされている。地価も順調に上がっていることから、当面の間4%ほどの上昇率で計算することが可能だ。

タイ人の年収はワールドサラリーズの発表によると140万円前後となっている。これらの物件の購入は相当な高値の華だ。タイ人の中でも富裕層と呼ばれる人たちでないとまず投資することはできない。一方、物価が高い日本などではサラリーマンの所得でも物件購入は可能なわけだ。さらにタイなどをはじめ新興国ではインドネシアやフィリピンなど5〜7%程度と高い成長率を誇る国も多く、そのため利回りも高いことが期待できる。こうした事情から最近は海外不動産投資をする人が増えている。もちろん節税の対策にもなる。

こうした事情からアソークなどのコンドミニアムは富裕層や外国人投資家たちがターゲットとなっている。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)