特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 専門家たちの金言 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
中国・韓国
Written by アラン琴子 45記事

決済市場進出は否定

Facebook「マーケットプレイスが「クルマ」や「不動産賃貸」も取り扱いへ

2016年にサービスを開始したFacebookのフリーマーケット機能「マーケットプレイス」が、チケット販売から自動車販売、賃貸契約を含むより広大な総合マーケットへと生まれ変わる。

現在同社はユーザー間の商品売買の場にリテーラーの商品を盛り込むことで、マーケットプレイスで消費者に好まれる商品の傾向を分析中だ。

消費者が本当に欲しい物を一つのスペースで販売

Facebook,ネットショッピング,車
(写真=Thinkstock/GettyImages)

マーケットプレイス部門のヴァイスプレジデント、デブ・ルイ氏によると、最も人気のあるセールス分野の一つ、自動車販売の開始が決定しているという。提携先など詳細は明らかになっていないが、マーケットプレイスを通して地元の自動車ディーラーが商品を販売できる環境を提供するようだ(CNBCより)。

不動産業者との提携で、賃貸物件の提供なども視野に入れている。

そのほか既にFacebookで利用可能なチケット販売やネットショッピングも、マーケットプレイスに移行させる。マーケットプレイスをフル活用し、販売ネットワークの集中化を試みる戦略だ。

Facebookも自覚しているように、同社の広告やセールス機能「ショップセクション」は、ページ上にごちゃごちゃと散乱しているイメージが強く、購買意欲をそそりにくい。例えば「Facebookでチケットを買える」という事実を知らないユーザーも、少なくはないだろう。

販売を一つのスペースにまとめ、取り扱う商品・サービスを消費者が興味を持つ分野に絞るという方向性には、大いに期待が高まる。

決済市場進出は「現時点では検討していない」

決済市場への野望も報じられているが、意外なことに同社は「現時点では検討していない」と否定。あくまで販売の仲介地点としての役割に徹し、決済プロセスには関与しないスタンスだ。

決済市場の進出よりも、「消費者とビジネスの関わりをどのように推進するか」という課題に専念する姿勢を崩さない。

過去数年にわたりSNSにネットショッピングの要素を取り込むというコンセプトに挑戦して来たFacebookだが、これまでのところ泣かず飛ばずの結果だ。一例を挙げると12年、タイムラインを利用して友人にプレゼントを贈れる機能「Gift」を発表するものの、14年にはサービスを廃止した(Recode.netより )。

新生マーケットプレイスで、今度こそSNSとネットショッピングの壁をうち破れるのだろうか。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
ビジネスもプライベートも「プラチナ」カラーに染める(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
情報は欲しいけど有料は…な方におすすめ「情報の宝庫」とは(PR)

Facebook「マーケットプレイスが「クルマ」や「不動産賃貸」も取り扱いへ
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV アリババとテンセントの四半期期決算、売上、利益とも大幅増―...
NEXT 中国で富裕層の子弟「富二代」への事業継承進む