2016年にサービスを開始したFacebookのフリーマーケット機能「マーケットプレイス」が、チケット販売から自動車販売、賃貸契約を含むより広大な総合マーケットへと生まれ変わる。

現在同社はユーザー間の商品売買の場にリテーラーの商品を盛り込むことで、マーケットプレイスで消費者に好まれる商品の傾向を分析中だ。

消費者が本当に欲しい物を一つのスペースで販売

Facebook,ネットショッピング,車
(写真=Thinkstock/GettyImages)

マーケットプレイス部門のヴァイスプレジデント、デブ・ルイ氏によると、最も人気のあるセールス分野の一つ、自動車販売の開始が決定しているという。提携先など詳細は明らかになっていないが、マーケットプレイスを通して地元の自動車ディーラーが商品を販売できる環境を提供するようだ(CNBCより)。

不動産業者との提携で、賃貸物件の提供なども視野に入れている。

そのほか既にFacebookで利用可能なチケット販売やネットショッピングも、マーケットプレイスに移行させる。マーケットプレイスをフル活用し、販売ネットワークの集中化を試みる戦略だ。

Facebookも自覚しているように、同社の広告やセールス機能「ショップセクション」は、ページ上にごちゃごちゃと散乱しているイメージが強く、購買意欲をそそりにくい。例えば「Facebookでチケットを買える」という事実を知らないユーザーも、少なくはないだろう。

販売を一つのスペースにまとめ、取り扱う商品・サービスを消費者が興味を持つ分野に絞るという方向性には、大いに期待が高まる。

決済市場進出は「現時点では検討していない」