米大手AQR キャピタル・マネージメント が、ETF(上場投資信託)の取扱い開始を米国証券取引委員会(SEC)に申請中だ。

世界規模で注目度が高まっているETFだが、特に米国では2017年だけでも3190億ドルの資金流入を記録するなど、その加熱ぶりに拍車がかかっている。ETFを含むETP(Exchange Traded Products)への投資総額は、第2四半期末で4.2兆ドルに達したという(ETFGI調査)。

ETF市場参入の下準備は万全?

ETF,ヘッジファンド,投資
(写真=Thinkstock/Getty Images)

1998年に設立されたAQRキャピタル・マネージメントは、総額1950億ドルの資産を運用する、SECの承認を受けた初めてのヘッジファンドだ(CNBCより)。

ヘッジファンドやミューチュアル・ファンドの販売に、コンピューターを屈指した「クオンツ投資戦略」を用いていることでも有名だ。

同社は「今すぐにETFの取扱いを開始する予定はない」とコメントしているものの、今回の申請が、バブルとまで形容されるETF人気を意識した動きであることは明らかである。

投資リサーチ企業CFRAのETF調査部門のディレクター、トッド・ローゼンブルース氏は、AQRキャピタル・マネージメントのように「ETF初心者」の企業が申請に踏みきったという事実が、すでに市場参入準備が整っているとの兆候であると見ている。そのため「承認受け次第、ETFの販売を開始する可能性は高い」と述べている。

ゴールドマン、JPモルガンなどもETFで市場拡大中

ETFの需要の高まりを受け、従来型の資産マネージャーがETFへの関心を強めるのも不思議ではない。15年にETFの取扱いを開始したゴールドマン・サックスを筆頭に、JPモルガン・チェース なども市場拡大に乗り出している。

ETF人気が急騰している理由の一つとして、投資家の関心がアクティブファンドからパッシブファンドに移行したことが挙げられている。

しかし世界初のETFが売り出されたのが1993年と比較的歴史が浅いことから(Investopediaより )、その流動性に対する疑念も持ち上がっている。また価格変動性の高い商品であることから、「市場の価格変動に余計な圧力をかける」との非難も尽きない。

ETFdb.comのデータ によると、現時点で最大の規模を誇るETFは「SPDR S&P 500 ETF」。次いで「iシェアーズ・コア S&P 500 ETF」「ヴァンガード・トータル・ストック・マーケットETF」「iシェアーズ MSCI EAFE ETF」などだ。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)