ルイ・ヴィトンやディオールなどと同じくLVMHグループの高級ブランド、フェンディがインド市場拡大に向け、新たな提携先を探していることが 、内情に詳しい関係者の証言から分かった。

インドの高級品市場は現在の70億ドルだが、8年以内には1000億ドルに達すると予想されている。

多数の高級ブランドを魅了するムンバイ

フェンディ,高級,ラグジュアリー
(写真=Thinkstock/Getty Images)

エコノミック・タイムズ紙の報道によると、フェンディはムンバイを拠点とするアパレル企業ファン・ファッション(FFI) の株の51%を取得 し、当時FFIを傘下に置いていたコーディア・ファッションと共同ベンチャーを設立するという形で、インド市場に進出を果たした。

その後コーディア・ファッションがビーグル・ファッションに買収されるものの、フェンディとの提携関係には目立った影響はなかったものと推測される。現在もムンバイの高級ショッピングモール「DLFエンポリオ」 を含む、6店舗で 商品を販売している。

高級リテール・アドバイザー企業ジョーンズ・ ラング ・ラサールのアソシエイト・ディレクター、ヴィヴェク・カウル氏 は、「多数の高級ブランドが次なる市場として、DLFエンポリオのようなインドの高級リテール地域に関心を示している」と述べている。

これらの高級ブランドの多くが、将来的にはムンバイだけではなくインドのほかの地域にも、進出を果たす計画を視野に入れているという。

インテリアブランド、、フェンディ・カーサも店舗増加

イタリアを代表するファッションブランドであるフェンディはLVMHと共に、本場欧州で好調な売上を記録している。LVMHの2016年の収益は前年から5%増の376億ユーロ(約4.9兆円) 、フェンディの収益水準は10億ユーロ(約1303億円)。

同社はインテリアを専門とする姉妹ブランド、フェンディ・カーサ でもインド市場に進出しており、昨年4月には2021年までに新たに4店舗増やす計画 を発表した。上質でスタイリッシュなインテリア用品を求める消費者を魅了し、対前年比150%増という飛躍的な成長を遂げている。

インドの産業大臣は自国の高級品産業が今後も成長を続け、現在の70億ドルから8年以内には1000億ドルに達すると予想している(Livemint.com より)。現時点で世界の高級品市場を占める割合は1〜2%だが、2015〜16年の成長率は前年比25%増。147億ドルから186億ドルへと大きな伸びを記録した。

こうした流れから、ほかの高級ブランド間でもインド市場への進出、あるいは拡大の動きが強まるのではないかと予測される。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)