ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
投資の基礎
Written by 谷山歩 122記事

調べるといろいろ見つかる

人気銘柄の「株主優待」 意外なところで使えるのご存知ですか?

個人投資家が株へ投資する際には、値上がり益や配当以外にも株主優待という独自の楽しみがある。最近では経済雑誌で株主優待特集が頻繁に組まれることも多く、すでに日本マクドナルドホールディングス <2702> や、東京ディズニーランドを運営しているオリエンタルランド <4661> といった身近な企業には、株主優待があることを知っている人も多いだろう。

ただ、優待を実施している企業は1300社以上に及び、どうしても細かいところまでは目がいかない。特に人気の優待ながら、意外な使い方ができるケースがあることを知っている人は少ないものだ。そこで、人気の株主優待の中で意外な使い方ができるものを紹介したい。

オリックス <8591> 優待の意外な使い方

株主優待,人気銘柄
(写真=PIXTA)

オリックスの優待は「ふるさと優待」といい、カタログギフトのようにいろいろなギフトを選ぶことができるため人気となっている。しかしギフトについて紹介されるケースがほとんどで、優待取得と同時にもらうことができる株主カードには、あまりフォーカスが当たらない。

このカードは、いろいろな施設を割引価格で使用することができる。例えば、京都水族館や墨田水族館のような一見するとオリックスと全く関係ないような場所も、カードを利用すると10%割引になるなどの特典を受けることができる。他にもオリックスレンタカー30%割引など、特典が満載だ。

吉野家ホールディングス <9861> 、ワタミ <7522> 、アトム <7412> など人気外食優待の意外な使い方

優待の中で最も人気なのは外食系の優待だ。生活に密着しているうえ、高利回りの優待が多いためだ。その中でも、意外な使い方ができる優待を紹介したい。

まずは吉野家ホールディングスの優待は牛丼以外にも、はなまるうどんや京樽といった店舗で使用できる。次にワタミだが、意外にもTGIフライデーズというアメリカンダイナーで使用することが可能だ。またコロワイドグループの店舗で利用が可能なアトムの優待は、かっぱ寿司でも使えるようになった。外食系の優待はグループ企業の場合、意外な場所で使える事が多いので、優待株を買う前に下調べをしておくと得をすることがある。

ダスキン <4665> あのお掃除用品企業の優待の意外な使い方

ダスキンといえば、掃除用のモップやマットなどの販売、また清掃を代行してくれる企業だ。ただ同社の優待はモスフードサービスの店舗(つまりモスバーガー)やミスタードーナツなどでも使用が可能だ。ミスタードーナツ自体は優待を実施していなくとも、別会社の優待が利用できるのだ。

クオカード優待の意外な使い方

クオカードを優待として実施している企業はたくさんあるが、クオカードには意外な使いみちがある。本来、クオカードといえばコンビニで使用するイメージが強いが、他にも書店、ドラッグストアや、すかいらーくグループのファミリーレストランなどで使えるという特徴がある。

本好きならば図書カードを優待としてもらうより、クオカード優待のほうがお得かもしれない。特に書店はジュンク堂、MARUZEN、紀伊国屋書店ほか数十社をカバーしており、クオカードはほぼ図書カードとも言える側面がある。

クオカード優待を実施している企業は多く、主なものとしてはオープンハウス <3288> や日本取引所グループ <8697> 、全国保証 <7164> などが挙げられる。

ビックカメラ <3048> の優待の意外な使い方

ビックカメラの優待は、コジマやソフマップでも利用することができる。特にソフマップは家電通が好むことで有名な量販店だ。高利回りの優待を買い物で使えるのは、お得度合いが増すといえそうだ。

通常の優待についてくるフレンチレストラン割引券

アイ・ケイ・ケイ <2198> という結婚式場を運営する企業の優待はお菓子のギフトで、大変人気がある。同社はほかにもレストラン「ラ・ロシェル」「キュイジーヌ フランセーズ ラ・シャンス」などの割引券を提供している。

またTOKAIホールディングス <3167> は通常の水やポイントなどの優待のほかに、フレンチレストラン「ヴォーシエル」の割引券配布を実施している。

このようにおまけ感覚でレストランや結婚式、葬儀など、値段が高めのサービスの割引がつくこともある。

調べるといろいろ見つかる意外な優待

多くの企業が優待を実施しているが、調べれば調べるほど「お!こんな優待があったのか!」となることが多い。優待が新しく設定されたり、内容変更により拡充されて、お得優待がいつの間にか出現していたりするのも優待投資の魅力だ。

逆に、優待内容が悪い方へと変更されてしまうこともあるので、優待投資目的で株を買う際には十分に下調べを行ってからのぞみたいものだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
9月に読まれた記事ベスト10|トイザらス破産、スタバ以上のホワイトな企業とは……
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
住宅購入の前に読みたい記事5選|年収5倍までの住宅購入は正しいのか?
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)

人気銘柄の「株主優待」 意外なところで使えるのご存知ですか?
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 証券口座は「源泉徴収あり」が良い理由 柔軟な申告も可能
NEXT マンション投資にローンをフル活用するべき理由