7月下旬からスタートした3月決算企業の第1四半期の決算発表も8月中旬に終わりました。したがって8月の第一週に決算を発表した銘柄でもアナリストによる業績や目標株価の見直しもずいぶんと進んだと思われます。

投資のヒント,3月期決算銘柄,3社以上,目標株価
(写真=Thinkstock/GettyImages)

そこで今回は8月4日に決算を発表したTOPIX500採用の3月期決算銘柄を対象に決算後に3社以上から目標株価の引き上げがあったもの(足元の株価を上回るもののみ対象)をピックアップしてみました。

そのなかでも目標株価の引き上げが目立つのが為替の前提を見直したことで通期の営業利益の見通しを上方修正したトヨタ <7203> で、決算後に8社が目標株価を引き上げています。

また、ミネベアミツミ <6479> と伊藤忠商事 <8001> でも6社が目標株価を引き上げたほか、スクウェア・エニックス・ホールディングス <9684> でも4社が目標株価を引き上げています。

決算発表後に3社以上が目標株価を引き上げた銘柄9-5

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
北朝鮮リスク再燃 秋相場・波乱への対処法
ジャクソンホールが終わっても不安材料目白押し 相場の膠着感は継続か
米国の住宅は”バブル”か
8月の労働市場は「ホット」な月に
過去10年の9月の好パフォーマンス銘柄は?