特集「財務諸表」の読み方 特集「保険」 専門家たちの金言 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
投資を始める
Written by 谷山歩 116記事

個人投資家からの人気が高い

「美容家電のパイオニア」ヤーマン 業績好調「純利益3.8倍」の理由

美容健康機器と先端電子機器を扱うヤーマン <6630> の株価が絶好調だ。2016年1月には1900円台だった株価は2017年6月に1万740円まで上昇し、同社の株式を保有していた投資家は大きな恩恵を受けているようだ。

この一連の株価上昇の裏には好調な業績があるようだが、それ以外にも同社株式には個人投資家好みである需給的な理由も存在している。

ここでは業績好調の理由を解説すると同時に、個人投資家好みの同社株の魅力に迫ってみたい。(業績数値は決算短信より。優待情報は2017年8月30日現在)

「美容家電のパイオニア」ヤーマンの事業内容

ヤーマン,美顔器,株価
(写真=PIXTA ※画像はイメージです)

同社は美顔ローラーなど美容のイメージが強いが、強誘電体テストシステムやデバイス研磨機などの先端電子機器等の輸入販売も行っている。

しかし主力事業はやはり美容関連で、以下のように多くのブランドを取り扱っている。

  • RFボーテシリーズ
  • Reiボーテシリーズ
  • ACETINO
  • FOREO
  • ONLY MINERALS

いずれも人気商品で、30代から60代の女性を中心に幅広い層のニーズがあるのが特徴だ。同社の商品は販売のチャネルも強く、テレビ、カタログ、インターネットを利用した通販のほか、ドラッグストアや家電量販店、インフォマーシャルなどで取り扱いを行っている。

また国内市場に加えて中国市場でも人気がある。一つ難を言えば、中国市場では模造品が出回ってしまっているようで、同社は自社ホームページを通して注意を呼びかけている。さて、気になる業績をチェックしていこう。

業績好調の理由は?

ヤーマンの過去の通期業績(4月期決算)を確認してみよう。

2016年4月期 売上高163億1000万円 純利益5億9100万円
2017年4月期 売上高199億6900万円 純利益22億6900万円

2017年は前年度比で売上高が22.4%、純利益が383.6%の増加を見せている。好調の理由は、RFボーテの販売好調、原価低減の取り組みが功を奏したこと、そして中国市場での同社製品の販売が好調だったことが挙げられる。

中国市場では同社はECサイトT-mallにて旗艦店をオープンさせている。特筆すべきは、中国のイベント日である「独身の日」に同社製品が美顔器部門で販売実績1位に、パーソナルケア部門で販売実績2位になるなど、中国市場の売上が同社業績へ大きく貢献していることがわかる。

こうした理由により2016年後半からは業績、株価ともにヤーマンの大躍進が始まった模様だ。ただ、同社株が大幅に上昇したのはそれに加えて需給的な要因もあったのではないかと、筆者は考えている。

個人投資家を魅了する充実の株主還元 増配と優待拡充

個人投資家にとって同社株を保有する目的の一つの魅力となっているのが「株主優待」である。

ヤーマン株を100株保有していると2万円相当、500株保有で4万5000円相当の自社商品化粧品セットが手に入るため、同社株はもともと個人投資家に人気の優待株であった。

優待目的保有の場合、株価が値上がりしても値下がりしても売らずに長期保有する投資家が多く、株価が下がりにくい一つの要因ともなっている。

また同社は2017年に増配を実施している。利益が大きく出たことで1株あたり36円の配当を追加した。元々の年間36円から2倍の配当へと大きく増額したことから、個人投資家のさらなる株買いを集めたようだ。

こうしてみると個人投資家向けに株主還元(利益の還元)へ力を入れているのも同社株の魅力の一つであるといえる。配当や優待として還元する際にも、売られることによる株価下落を防ぐためという消極的な理由でなく、業績が好調であるという積極的な理由から行うというところも高評価だ。

10月には株式分割を予定 流動性が向上へ

ただし問題もある。9000円台という値段の高い株となってしまっては、広く投資家からの買いを集めにくい。しかし同社は、2017年10月31日を基準日として10対1の株式分割を実施すると発表している。つまり今の株価が純粋に10分の1となることになる。

100株単位の同社の場合、株式保有のための必要金額が90万円台から9万円台になるのは非常に大きい。

ちなみに株式分割の場合には、分割に比例して発行済株式数も増えるので、会社の規模(時価総額)に変化はなく、すでに保有している株主の損益にも変化はない。

もしかすると、株式分割後に100株株主に対して何らかの優待を実施するという「ポジティブ・サプライズ」もあるかもしれない。今後もヤーマン株から目が離せない展開となりそうだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「インカムライフ.com」。著書に「超優待投資・草食編」がある

【編集部のオススメ記事】
ビジネスもプライベートも「プラチナ」カラーに染める(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
時代が変わっても変わらない金投資の魅力とは?(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
情報は欲しいけど有料は…な方におすすめ「情報の宝庫」とは(PR)

「美容家電のパイオニア」ヤーマン 業績好調「純利益3.8倍」の理由
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 「椿屋珈琲」の東和フードサービス、純利益2.2倍 絶好調のワケ
NEXT 髪に優しい「毛活企業」8選 「隠す、生やす、守る、内から」