ロレアルが所有する英国の化粧品ブランド、ザ・ボディーショップを、ブラジルの大手化粧品会社ナチュラ・コスメティコスに売却すると発表した。ブラジルおよび米国の独占禁止法規制当局による承認を取得後、年内の売却完了を計画している。

かつて海外投資家による米国での動きを予想して、フォーチュン500企業のCEOが「インドとブラジルには気をつけろ」と発言したそうだが(スレート・コム より)、予想的中といったところだろうか。

最も目につく例は、欧米企業への投資が盛んな3Gキャピタルだ。クラフト・ヘインズやバーガーキング、ABインベブによるSABミラーなど、欧米の大手企業買収劇の裏には 、ブラジルの著名投資家、ジョルジ・レマン氏 が設立した3G キャピタルがある。

セレブに人気の自然派化粧品ブランドも所有するナチュラ・コスメティコス

ザ・ボディーショップ,ロレアル,売却
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ナチュラ・コスメティコスによる買収額は未公表だが、CNNの報道によるとロレアルは以前、ザ・ボディーショップの時価総額が11億ドル相当だと明かしていた。

2006年に当時の設立者ゴードン夫妻から6.5億ポンド(約919億円)でボディショップを買収(ガーディアン紙より )して以来、世界66カ国・地域で事業を展開していたものの、近年は売上の低迷から売却を検討中だと報じられていた。

ロレアル買収以前のブランド・コンセプトであった「自然派」から大きく路線が外れ、顧客離れが加速したことに加え、ライバルメーカーが増えたことなどが、売上低迷の要因として挙げられている。

新たな親会社となるナチュラ・コスメティコスは欧米のセレブレティーに人気のオーストラリアの自然派ブランド、Aesopも所有しており、専門家は「ザ・ボディーショップの再建にふさわしい企業である」と評価している 。

ザ・ボディーショップが本来の自然派路線に回帰するきっかけとなれば、昔からの顧客はもちろん、新たな顧客層を開拓できるかも知れない。

食品、IT、ビールなど、次々に欧米企業を買収するブラジル

ナチュラ・コスメティコスに限らずブラジル企業の買収欲は旺盛なようだ。2009年には同国の多国籍企業食品メーカーJBSが、米国の鶏肉製品生産・販売業者ピルグリム・プライドを8億ドルで買収した ほか、翌年には同じく米国の食品メーカー、キーストーン・フーズもブラジルのマーフリッグ・グローバル・フーズに12.5億ドルで買収されている。

最近ではIT企業CI&Tがシリコンバレーの戦略・顧客経験設計スタートアップ、コムトレードを傘下に引き入れた。

こうした例は氷山の一角だ。近年景気後退に陥っていたが、昨年からはプラス成長に転じるとの期待が高まっているため、ブラジルへの投資増加が予想されると同時に、ブラジル企業による海外進出や買収もさらに活発化するのではないかと思われる。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)