邦銀初のアクセラレータを手がけた三菱UFJフィナンシャル・グループが新たなアクセラレータプログラムを始めた。同グループのシンクタンク・コンサルティングファームである三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC)による「LEAP OVER 飛び越えろ!」だ。

9月11日夜、都内で第1回説明会が行われ、多数の企業が参加した。同日の説明会では、「高砂熱学工業アクセラレータ just move on!」の概要も説明された。

MUFGは既にグループで「デジタルアクセラレータ」を手がけている。その中で、新たに同様の取り組みを始めるのには理由がある。実際、マッチング・協業先としてTIS株式会社、MURC Innovation&Incubation室などが決まっているほか、別プログラムではあるものの高砂熱学工業も名を連ねている。事業化の具体性は高そうだ。

MURC主任研究員でLEAP OVER代表の杉原美智子氏は、アクセラレータが多数誕生している現状について、マッチングで終わっているところも多いと指摘。「オープンイノベーションの必要性に対して懐疑的な声も出ていることを嘆いたうえで、企業を顧客として持つコンサルティングファームだからこそできるアクセラレータがあるとその意義を強調した。(取材:濱田 優 ZUU online編集長)

MUFGがアクセラレータに熱心な理由

MUFG,アクセラレータ,スタートアップ支援
(写真=ZUU online編集部)

説明会では、MURC取締役専務執行役員の鷲見英二・新事業開発室長が登壇、あいさつで「スタートアップに成長の機会を提供するという意味で、お客様企業にも有意義であることはもちろん、MUFG自身がカルチャーを変える狙いもある」と取り組みの狙いを述べた。

杉原氏はアクセラレータの概要やMURCとしての支援体制を説明。「オープンイノベーションは、デジタル技術の急速な進展と市場環境の急速な変化への打ち手の一つ」と説いた。

説明によると、プログラムの対象となる募集分野は3つで、「Life(医療・保育・介護など生活全般)」「Work(働き方改革、業務効率化、生産性向上)」「Community/Local(地方創生、都市課題解決)」。技術領域としては、IoT、AI、Robot、AR/VR。これらの分野、領域で革新的なビジネスの立ち上げを目指す企業が対象で、新規事業、既存事業を軸にした参入も可という。

いずれの企業もインキュベーション、イノベーション組織を設立

leapover02
(画像=Webサイトより)

MURCが4月に立ち上げたインキュベーション&イノベーション室の渡邊藤晴室長も登壇。同室について、「TECH(ロボット×成長戦略)」「Innovation(戦略×アクセラレータ)」「Incubation(AIコンサルティング)」の3領域に取り組んでいるが、今回は「Incubation」領域での協業の可能性を模索すると話した。またアクセラレータに取り組む理由として、同室の立場から「全方位型コンサルが維持できなくなる」「“働き方改革”を無視できない」「ノウハウ・スキルの標準化が必要」であることを挙げた。

マッチング・協業先、スポンサー企業であるTISは「インキュベーションセンター」を15年4月に設置。今回は「製薬・医師向け営業ソリューション開発」というテーマを掲げている。同社には50社以上の顧客ネットワークがあり、(医療分野においても)20年ノウハウがあることや、100人単位の専門家を擁することが強みという。

LEAP OVERに参加すると、メンターがつくほか、ワーキングスペースの無償提供、ビジネスマッチングや出資についても検討されるなどのメリットがある。外部メンター陣には、保科剛(キャナルベンチャーズ代表取締役COO)、中嶋淳(アーキタイプ代表取締役)、伊藤健吾(D4V ファウンディングパートナー兼COO)、田島聡一(ジェネシア・ベンチャーズ代表取締役)の4氏が名を連ねている。

今後の日程は、第2回説明会が9月25日(月)。10月2日(月)と13日(金)がそれぞれ一次募集、二次募集の締め切り。11月2日にキックオフ(ピッチ)でプログラムが始まり、2018年2月下旬にデモデー「LEAP Day」で終了となる。

高砂熱学工業アクセラレータの内容と日程

同時に説明会が行われた高砂熱学工業のアクセラレータは、テーマが「スマートビルディング・ルーム」「スマートシティ」「スマートコンストラクション」。同社も今年4月にイノベーションセンターを設立、9人からなるオープンイノベーション推進チームも組織している。

テーマを具体的に見ていくと、「スマートビルディング/スマートルーム」は、建物空間、パーソナル空間領域でのスマート化(IoT、AI)。たとえば知的生産性を高めたり、究極の癒しや眠りを実現したりすることが念頭にあるようだ。そして「スマートシティ」はエネルギー効率化。たとえば地方創生やCEMS活用した災害に強い街づくりなどを視野に入れている(CEM=Sコミュニティエナジーマネジメントシステム)。最後の「スマートコンストラクション」は、建築現場の効率化で、図面作成や現場作業を効率化・自動化する取り組みなどが考えられるようだ。

こちらは第2回説明会が10月12日、11月10日がエントリー締め切り、12月11日にプレゼン選考会、2018年4月に事業化プロジェクト開始の予定となっている。
この日詳細が説明されたTIS、MURC、高砂熱学工業のアクセラレータ以外にも、サイトなどでは公開していない情報もあるという。詳細を知りたいスタートアップ、起業家は LEAP OVERのWebサイト(http://leapover.murc.jp/murc_accelerator_leapover/) を確認するといいだろう。

【編集部のオススメ記事】
最前線で活躍する大人のスキンケアの心得とは(PR)
ZUU online8月記事ランキング 丸井は百貨店ではない、300万円超えのスーパーマリオ……
デキるビジネスパーソンは脂を身体に乗せず、仕事に乗せる。(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)