イタリアンカフェレストランのサイゼリヤ <7581> の業績が好調だ。サイゼリヤはコストパフォーマンスが高く、気軽にイタリアンを味わえるということもあり、学生を中心とした若者からファミリーまで幅広い層から利用されている。

同社はオーストラリアなど海外に食品加工の流通拠点を持ち、なおかつ地中海式食事法による厳選された食材を使用している点にも強みがある。ここでは業績好調の外食企業の現状を分析していこう。(以下、2017年9月21日執筆時点の数値を参照)

子供から大人まで虜にするコスパ抜群のイタリアン

サイゼリヤ,業績好調
(写真=PIXTA ※画像はイメージです)

ピザ、パスタ、チーズサラダ、リゾット、ワインと基本的なイタリアンが揃っている同社の店舗だが、その魅力はなんといってもコストパフォーマンスの高さである。

ミラノ風ドリアが299円(税込)、マルゲリータピザが399円(税込)と、にわかには信じがたい値段で、これは他のファストフードチェーンのハンバーガーや牛丼と比べても全く遜色ないほどのコストパフォーマンスの高さとなっている。

「値段が安ければ、それなりの味なのでは」と思う人もいるかもしれないが、子供連れファミリーや学生などの若者は、その価格の安さと味の良さにリピーターにつながっているようだ。

また品揃えの豊富なワインや生ハム、直輸入のスイーツなど大人向けのラインナップも充実しており、大人のちょい飲み需要などもありそうだ。その人気に沿うように、同社の業績も右肩上がりの上昇を見せている。

通期業績推移は好調 中国税制により上方修正も

同社の過去3年間の通期業績推移と今期の会社予想は以下の通りだ。

14年8月期 売上高 1256億1800万円 純利益 11億9300万円
15年8月期 売上高 1392億7700万円 純利益 37億7400万円
16年8月期 売上高 1449億6100万円 純利益 55億500万円
17年8月期 売上高 1472億      純利益 75億円
(17年は会社予想、修正後基準)

上記を見ると、通年では増収増益を維持、今期の純利益75億円もすでに4月に57億円から31.6%上方修正されたものである。業績上ぶれの理由は、中国の税制が変更されたというやや受身的なものだが、株式市場では素直に好感された模様だ。

なお2017年8月8日の株価で今期利益に対する割高度を計算すると、PERの数値は21.4倍となっており、特に割高感があるとはいえない。一般的には20倍以上は割高とされるも外食産業はもともとの数値が高い。