株式市場が堅調です。日経平均株価は連日で年初来高値を更新する動きになっています。地政学的リスクが一時に比べて後退する中、米株高や為替の安定が追い風になり、好調な企業業績を素直に評価できる流れになっているようです。

こうした中、東京株式市場では10月下旬頃より、2017年4~9月期の「中間決算」の発表が本格化します。そこで今回の「日本株投資戦略」では、決算発表前後に業績予想が上方修正される、または会社計画を上回る決算を発表し、株価上昇が期待できる銘柄をスクリー二ングにより抽出してみました。

中間決算接近!上方修正・株価上昇期待銘柄はコレ!?

日本株投資戦略,中間決算,上方修正,株価上昇期待銘柄
(写真=Thinkstock/GettyImages)

それではさっそく、決算発表前後に業績予想が上方修正される、または会社計画を上回る決算を発表し、株価上昇が期待できる銘柄をスクリー二ングしてみたいと思います。今回は3月決算の主力銘柄を分析対象にし、中小型株は次回に分析したいと思います。スクリーニング条件は以下の通りです。

(1)時価総額1,000億円以上の上場銘柄であること
(2)3月決算銘柄(実績ベース)であること
(3)金融以外の銘柄であること
(4)3人以上のアナリストが業績予想を公表している銘柄であること
(5)第1四半期(2017年4~6月期)の営業増益率が今期(2018年3月期)の会社予想増益率を上回っていること(C≧D)
(6)今期の業績予想について、市場予想(Bloombergコンセンサス)が会社予想を上回っていること(E≧D)
(7)今期予想EPS(Bloombergコンセンサス)が黒字で、過去4週間に3%超増加している銘柄であること
(8)来期(2019年3月期)に10%以上の営業増益が予想(Bloombergコンセンサス)されている銘柄であること

スクリーニング条件が多いように感じられるかもしれませんが、要は、主力銘柄のうち、第1四半期の決算が本業の利益を示す営業利益ベースで好調で、通期についてもアナリストの業績予想が会社予想よりも強気な数字になっている銘柄は、好決算になる可能性が大きいと「日本株投資戦略」では考えています。

さらに、(7)の条件が付加されることで、直近4週間にアナリストによるその会社に対する業績見通しがさらに強くなっていると考えられ、好業績となる確度が高まると考えられます。また、(8)の条件が付加されることで、業績面では今期がピークになってしまう銘柄を抽出してしまうリスクを小さくすることが可能であると考えられます。

中間決算接近!上方修正・株価上昇期待銘柄はコレ