中国版Airbnbといわれる、途家(トゥージァ)網聯合は、2017年中に3億ドルの資金調達を行うと発表した。従来からのスポンサー、ネット旅行最大手の携程(シートリップ)を中心とした融資連合である。ネットニュースサイト「今日頭条」が伝えた。この業界の現状と将来は、どう見ればいいのだろうか。

途家、5回目(E輪)の大型融資

中国経済,Airbnb,シェアリングエコノミー,今日頭条
(画像=Webサイトより)

途家は2011年に北京で創業した。観光地の遊休物件を、国際ホテルの管理標準で、提供しようとする新型の会社とあるから、Airbnbの後追いを意図したものに違いない。これまで4回(A輪~D輪)の大型融資団を組んできた。今回は5回目である。通常なら上場という選択肢もあるところだ。

今回の融資は、携程を中心に全明星投資基金、華興新経済基金、UberやAirbnbへ出資しているGlade Brookなどのファンドが参加する。創業者兼CEOの羅軍は、これらメンバーの筋の良さを強調している。

しかし、配車アプリ、シェアサイクル、フードデリバリーなど、あらゆる有望な新業態に投資者として顔を出す、アリババやテンセントは関わっていない。

羅CEOは、2015年8月のD輪融資以後、途家は健全で穏健な拡大を続けている。そして今回の集めた資金は、(1)顧客体験サービスの強化、(2)清掃、リネン、IoTなど宿泊周辺サービス、(3)国内の高級物件と海外市場開拓--に投じるという。

途家とAirbnb

途家は創業以来の5年間で、国内345、海外1037の目的地に65万軒を超す物件ソースを持っている。2017年8月段階で途家のアプリをダウンロードしている顧客は1億8000万である。毎日数十万の顧客が利用しているという。

これに対してAirbnbは191の国家に400万軒のソースを持つ。そのうち半分は即時予約が可能で、ホテル利用と変わらない。大部分のソースは海外で、中国国内は8万軒である。そしてさらに新型Online Travel Serviceとして進化を続けている。途家が現地法人を設立して力を入れている日本市場では、真っ向からぶつかることになる。取材した記者は「途家の主要顧客は中国内地に限られている。Airbnbとの差は比較にならないほど巨大。」と分析する。

一般の知名度は低い

それぞれ知名度は、どのくらいあるのだろうか。一般の中国人に聞いてみた。その結果、知名度は明らかにAirbnbが上だった。国内出張もなく旅行も近場だけという年配層は、どちらも知らなかった。国内出張の多いビジネスマンは、両方とも知っていたが、いずれも使ったことはない。

出張などで海外を熟知した企業幹部層は、日本や東南アジアの家族旅行でAirbnbを利用したことがあるという。自由行(フリープラン)海外旅行を夢見る20歳前後の若者たちは、Airbnbの存在は知っていたが、途家は知らなかった。

どうやらAirbnbは、フリープラン海外旅行で使うもの、途家はまだ「何それ?」というイメージが強そうである。国内外を問わず途家を利用したという人は周囲にいなかった。

中国人は欧米志向が強く、欧米企業と中国企業ならまず欧米企業を信頼する。海外ではAirbnbに対抗できそうにない。まだ文化からして未成熟な国内民宿市場を、地道な整備から手掛けるしかなさそうである。利益を生むには時間がかかる。IT大手が投資を見送った背景は、この辺りにあるのかも知れない。(高野悠介、中国貿易コンサルタント)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
NISA口座おすすめランキング、銀行と証券どっちがおすすめ?(PR)