JPモルガン・チェースが「ゼネラル・エレクトリック(GE)の株価が14%下落する」「配当もカットされる可能性がある」というネガティブな見解を示した。

GEは「配当は最優先事項」とのコメントで否定しているものの、JPモルガンは今年上旬に退任したGEエナジーのスティーブ・ボルゼCEOを筆頭に、次々とエクゼクティブが去っている事実を「不吉な前兆」としている。

目標価格2ドル引き下げ 2103年以来の最安値に

JPモルガン,GE,株価
(写真=Thinkstock/Getty Images)

JPモルガンのアナリスト、スティーブン・トゥサ氏は最新の報告書の中で、目標価格を22ドルから20ドルに引き下げた。さらに配当がカットされる可能性が指摘されているとCNBCは報じている 。

これを受けGEの株価は2015年8月以来の水準まで1%以上落ち込み、終値は2013年9月以来の最安値(23.07ドル)を記録した。

GEは配当が最優先事項である点を主張しているものの、JPモルガンが懸念している通り、エクゼクティブの退任が続いている。最近ではジェフリー・ボーンスタインCFOの年内退任が発表されたほか、副会長2名も定年を迎える。

今年始めにはGEエナジーのCEOが同社を去っており、目まぐるしく上層部が入れ替わっている。

時価総額が640億ドル減 過去1年で株価21%減