「Airbnbで現地人から部屋を借りたら盗撮されていた」という被害の声が続々とあがっている。

最近のケースでは、米フロリダのAirbnb利用者が寝室の火災報知器に仕掛けられた隠しカメラを発見し、警察がホストをのぞきの疑いで逮捕した。今年6月には「日本のAirbnbで盗撮の被害にあった」と訴える韓国人カップルがネットで話題になっていたが、ほかにも同様の盗撮や暴行の被害が報告されている。

一部の悪質なホストが原因とはいえ利用者の安全性を保護する上で、ホストの身元調査はもちろん、今後規制の強化が必須となるのではないだろうか。

火災報知器に仕掛けられた盗撮カメラ

Airbnb,盗撮,暴行
(写真=Thinkstock/Getty Images)

フォーチュン誌の報道 によると、フロリダのケースは宿泊しようとしていたインド人夫婦が訴えたもの。通報で駆け付けた警察は、盗撮に使われた疑いがある複数のコンピュータ備品を押収したほか、居間でも別の隠しカメラを見つけた。

後に逮捕されたホストは、性的活動目的で宿泊客の様子を盗撮していたことなどを認めている。

ホストによる盗撮が問題となったのは今回が初めてではない。今年6月日本を訪れていた韓国人カップルが、「Airbnbで宿泊した寝室で隠しカメラを発見した」とネットに投稿した。カップルはやはり火災警報器から放たれている不審な緑色のライトを見とがめ、そこに仕掛けられた隠しカメラを見つけたという(ジャカルタポスト より)。

また台湾でも浴室で隠しカメラが見つかったと報じられているが(メトロより )、こうした被害報告は氷山の一角だといわれている。

「優良ホスト」に暴行を受けた被害者がAirbnbを起訴