Amazon、Microsoft、Intel、Alphabetが第3四半期の決算報告を行い、ウォール街の予想を上回る好調な業績に各社の株価が大幅に上がった。

売上高437.4億(前年比34%増)を記録したAmazonの株価 は、発表直後に900ドル台から1000ドルの大台にのり、1100ドル(10月27日Nasdaqデータ)まで上昇した。時価総額は4670億ドルとなった。

絶好調のAmazon、Whole Foods買収やAlexa人気が貢献?

決算報告,株価,Amazon
(写真=Thinkstock/Getty Images)

アナリストの予想を16億ドル上回る結果となったAmazonの跳躍は、7月のディスカウント・イベント「プライムデー」や8月に買収プロセスが完了したWhole Foodsの売上、音声デバイス「Alexa」の人気が貢献したものと思われる。

AdobeやAirbnbにも提供しているクラウドサービス「AWS」の売上は45.7億ドル(前年比7000万ドル増)。国際販売は137億ドル(29%増)で、当期純利益も2.56億ドルと若干の上昇を見せた。

第4四半期の総売上目標は560億から605億ドルで、これはアナリストの予想とほぼ一致している(フィナンシャル・タイムズ紙より )。

決算報告後間もなく、株価は13.2%上昇。ついに1000ドルの大台に乗ることとなった。

同社は売上の大幅増加が期待できるクリスマスから年始に向け、過去3カ月で新たに16万人を新規雇用(うち8.7万人はWhole Foodsからの引継ぎ)した。

Alphabet株も1000ドル台に Google広告クリックは低迷

Alphabetも売上高やEPS(1株当たりの利益)が予想を上回り、株価が1000ドルを突破。Amazon同様、発表前には900ドル台だったが1055ドルまで値を上げ、その後1033ドルに落ち着いた。

売上高は277億ドル(前年比24%増)、 EPSは9.57ドル。アナリストは272億、8.33ドルと予想していた(CNBCより )。

そのうちGoogleの売上高は275億ドルと大半を占めた。Googleの事業はソフトからデータ管理、広告まで幅広い領域をカバーしているが、広告クリックの単価(CPC)は前年同期比21%減と低迷。総広告売上高は241億ドル。

Microsoft も売上高245億ドル(12%増)、当期純利益66億ドル(16%増)、営業利益77億ドル(15%増)など、アナリストの予想を上回る好調ぶり。調整後のEPSは84セント(前年同期比8セント増)となった。

株価は約78ドルから約85ドルへと押し上げられ、現在は83.81ドルに。同社の株価は市場で期待が膨らみ、決算報告前から高値に傾いていた。

Intelの売上高は161億ドル (前年比15%増)で、株価は約41ドルから約43ドルへ。一時は45ドルに手が届きそうになったものの、現在は44ドルを維持している。

「ITトップ5企業(Apple 、Amazon、Microsoft、Alphabet 、Facebook)の時価総額合計が3兆ドルに達したと、7月にTech Crunchが報じていた 。今回の決算報告を見る限り、その数字はさらに大きくなりそうだ。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)