AI(人口知能)やロボットを活用した「無人販売」が小売産業業界の新たな常識として定着しつつある近年、2022年までに世界中で自動支払い機の台数が40万台(2017年比53%増)に達する見込みだ。

この傾向は高級品市場にも広がりを見せ、高級キャビアやゴールド(金)・コイン、ポルシェやフェラーリが買える自販機も登場している。

5割の消費者が「セルフレジがいい」

自販機,高級品,ポルシェ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

キャッシュレス化が加速する中、セルフチェックアウト(セルフレジ)や自販機を利用する消費者が増えている。スマホやウェアラブルデバイスの普及が決済を簡潔化し、無人(あるいは半無人)販売の需要を押し上げたことは疑う余地がない。

オーストラリアの市場調査会社キャンスタ—・ブルー・サーベイが消費者3000人を対象に実施した調査では 、66%が「セルフレジは簡単」、47%が「セルフレジチェックアウトのほうがいい」と答えた。

元祖自販機といえば切符の販売機が思い浮かぶが、2017〜2021年にかけての予想成長率は4.06%。TNSグローバル の2016年の調査からは、米国の成人1050人のうち52%は「手数料がかからなければ、自販機もキャッシュレスがいい」と考えていることも明らかになっている。

その一方でアジア地域ではATMの需要も成長を続けており、今後5年で200万台に達すると予想されている(PAYMENT.COM調査 )。しかしATMも無人であることには変わりなく、現金利用を好む消費者間でも銀行の支店離れが加速していることは確かだ。

ちょっとした贈り物にゴールドコイン?温度調節可能なキャビア自販機

こうした動きに便乗し、高級品市場でも販売の自動化を取り入れるリテールが目につく。アブダビの5つ星ホテル、エミレーツ・パレス・ホテルは世界初のゴールド自販機をロビーに設置。ギフトボックスに入った24金、1〜10グラムのゴールドコインが購入できる。
価格は自販機の開発メーカー、ドイツのEx Oriente Lux AG のデータに連動し、毎時間更新される。

世界中から集めた最高級の食材を販売しているビバリーヒルズ・キャビアは、適切な温度調整が可能な自販機を開発。2012年からウェストフィールド・センチュリー・シティーモールなど、ロサンジェルス地域のショッピング モールでキャビアの自販機販売を始めた。

ビバリーヒルズ・キャビアの女性オーナー、ケリー・ナイト氏はコンピューター科学関連事業の経験を活かし、キャビアをより多くの消費者に届ける手段として、テクノロジーをキャビア販売に取り入れるという発想にたどり着いたという。

シンガポールでは15階建ての巨大な高級車自販機が開設された。外見はポルシェやフェラーリ、ベントレーといった高級車60台格納された、巨大な自販機型ビルである。
購入希望者が1階に設置されたタッチスクリーンから購入したい車を選ぶと、わずか数分で車が目の前に現れる(ロイターより )。

販売元のAutobahn Motors のジェネラルマネージャー、ギャリー・ホン氏は、すでに建物が密集したシンガポールのような土地でいかにスペースを有効的に利用するか—という課題から生まれた発想だと、CNNの取材で明かした。

車の自販機自体は真新しい発想ではない。米国のオンライン中古車販売業者、Carvanaが一足先に市場に進出。今年4月にはニューヨーク証券取引所に上場した 。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)