世界501校 を対象とした「コンピューター科学トップ大学ランキング」が発表され、日本からは東大が18位に選ばれた。トップ3はマサチューセッツ工科、スタンフォード大学、カーネギーメロン大学。

米国の大学がトップ30の半分を占め、トップ10に7校もランクインしている。アジア勢はシンガポールからシンガポール国立大学と南洋理工大学、中国から清華大学と北京大学、香港から香港大学と香港科技大学と各2校が健闘した。

ランキングは大学情報サイト「トップ・ユニバーシティー」 が、英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)のデータを用いて、各校のコンピューター科学分野での学術的評価・被引用論文数・新卒者からの評判などを総合的に分析したもの。

コンピュータ科学に強い大学30校

コンピュータ科学,大学,ランキング
(画像=Thinkstock/Getty Images)

30位 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校(米国) 80.2
29位 コロンビア大学(米国) 80.3
28位 ジョージア工科大学(米国) 80.4
27位 カリフォルニア工科大学/Caltech(米国) 80.5
26位 テキサス大学オースティン校(米国) 80.6
24位 香港大学(香港) 80.7
24位 スイス連邦工科大学ローザンヌ校/EPFL(スイス) 80.7
23位 ブリティッシュコロンビア大学(カナダ) 80.8
21位 エディンバラ大学(英国) 81.1
21位 コーネル大学(米国) 81.1
20位 南洋理工大学/NTU(シンガポール) 81.3

19位 香港科技大学(香港) 81.4
18位 東京大学(日本) 81.7
16位 北京大学(中国) 81.8
16位 ワシントン大学(米国) 81.8
15位 清華大学(中国) 82.2
14位 メルボルン大学(オーストラリア) 82.3
13位 カリフォルニア大学ロサンゼルス校/UCLA(米国) 83.1
12位 インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国) 83.7

10位 トロント大学(カナダ) 84.2
10位 シンガポール国立大学(シンガポール) 84.2
9位 スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス) 85.4
8位 プリンストン大学(米国) 85.6
7位 オックスフォード大学(米国) 87.8
6位 ハーバード大学(米国) 88.4
5位 ケンブリッジ大学(英国) 88.9
4位 カリフォルニア大学バークレー校/UCB(米国) 89.9
3位 カーネギーメロン大学(米国) 91.9
2位 スタンフォード大学(米国) 93.6
1位 マサチューセッツ工科大学(米国) 94.0

QS2017年のデータを採用した評価法

ランキングはすべてQSの2017年の調査結果をベースにしている。

「学術的評価」 はQSが2004年から毎年発表している「世界大学ランキング」のデータに基づいたもの。2017年版では世界中の7.5万人の学者を対象に、大規模な調査が行われた。回答に辺り、各学者は優秀だと思う大学を国内から10校、国外から30校を選んだ。

「新卒者による評価」では世界中の新卒採用4万人以上から回答を収集。「学術的評価」同様、各新卒者は素晴らしい雇用先だと感じる国内の大学10校、国外の大学30校を選んだ。

「論文1本に対する被引用回数」はあえて著者=研究者に焦点を当てず、発表機関=大学という組織規模で評価している。

「H指数」とは カリフォルニア大学サンディエゴ校の物理学者、ジョージ・E・ハーシュ教授が、研究者による論文の生産性および引用による社会的影響を測定する目的で編みだしたもの。

一人の研究者が発表した論文を最多被引用回数順に並べた時、被引用回数と論文番号の交差点がH指数となる。指数が高いほどその研究者の論文が多く引用され、社会的あるいは学術的影響が強いということになる。このランキングでは各校が発表した論文数を基準に指数を算出した。

コンピューター科学の最高峰はMIT、スタンフォード大学、カーネギーメロン大学

首位は工科分野の名門マサチューセッツ工科大学だ。コンピューター科学科でも一流の名に恥じない世界最高水準のカリキュラムを提供している。

人類発の月面着陸に貢献した宇宙飛行士バズ・オルドリン氏や、経路積分の発明で4ノーベル賞受賞物理学者リチャード・P・ファインマン氏などの母校としても有名だ。

ランキングでは学術の評判(90.1)、論文1本に対する被引用回数(94.8)、従業員からの評判(96.9)、H指数引用数(97.7)と全4項目で90ポイント以上を獲得した。

2位のスタンフォード大学はH指数で最高スコア(100)をだしている。つまり「評価が極めて高い論文を発表できる研究者の育成能力が優れている」ということになる。「論文1本当たりの被引用回数」も、満点を記録したプリンストン大学に次いで高い(99.4)。 しかし「学術的評価」(87.6)はカーネギーメロン大学(100)やケンブリッジ大学(82.8)、オックスフォード大学(80.6)より低めだ。

同校はGoogleを共同設立したセルゲイ・ブリン氏やラリー・ペイジ氏、Instagramのケビン・シストロム氏など、多数の国際IT設立者を輩出したことでも知られている。

カーネギーメロン大学はMITやスタンフォード大学、ハーバード大学などに比べて国際的知名度は低いという印象だが、コンピューター科学分野で突出している。「新卒生による評価」(79.2)が、80ポイントを下回っている点が唯一の弱点となっているものの、論文関連の評価はいずれも90ポイント以上だ。

米国からは全体の5分の1に値する合計92校がランクインした。

コンピュータ科学分野に強いアジアの大学トップ10

アジア圏のコンピュータ科学分野で高評価を受けているトップ10校では、シンガポール、中国、香港が強い。

日本では東京大学のほか、総合50~450位に京都大学、東京工業大学、大阪大学、早稲田大学、慶応大学、九州大学、東北大学、名古屋大学、北海道大学、筑波大学、神戸大学など、合計12校がランクインした。

10位 ソウル大学校(韓国) 78.2
9位 香港中文大学(香港) 79.2
8位 KAIST(韓国) 79.5
7位 香港大学(香港) 80.7
6位 南洋理工大学/NTU(シンガポール) 81.3
5位 香港科技大学(香港) 81.4
4位 東京大学(日本) 81.7
3位 北京大学(中国) 81.8
2位 清華大学(中国) 82.2
1位 シンガポール国立大学(シンガポール) 84.2

シンガポールからは首位を含む3校がランクイン

1位のシンガポール国立大学はアジア圏内にとどまらず、教育水準の高さと壮大な国際観で世界的にも高評価を受けている。コンピューター学部が設立されたのは1998年。コンピューター科と情報システムの2つの学科で構成されている。

コンピューター科学科ではAI(人工知能)からシステム・ネットワーク、ソフトウェア・エンジニアリング、データベース管理、メディア、計算生物学、コンピューター言語など、幅広い先端技術が学べる。

シンガポールからはほかに南洋理工大学/NTUとシンガポールマネージメント大学(201~205位)の3校がランクインした。

日本の大学には国際化強化が必須?

シンガポール国立大学と東京大学を比較してみると、国際化に取り組む姿勢に違いを感じる。生徒数にはさほど差がないにもかかわらず、留学生の割合は東京大学の約3倍に値する9000人強。外国人従業員は12倍相当で3000人を超えている。

1975年以降、主に英語で講義が行われているのも不思議ではない。英国の植民地時代(1982~1957年)の影響で、母体となった南洋大学開校(1955年)以前は英語の大学しか設立されていなかったという背景も大きいだろう。

総合スコアは84.2ポイント。「論文の被引用回数(89.6)」「新卒生からの評価(89.0)」「H指数(89.2)」ともに89.0ポイント以上で、カリキュラムや支援体制、学習環境など総体的な水準の高さが伝わってくる。「学術的評価(76.7)」もけっして低くはない。 東京大学の総合スコアは81.7ポイント。「新卒生からの評価(89.5)」と「学術的評価(77.6)」)」はシンガポール国立大学よりも高スコアだが、「論文の被引用回数(78.1)」と「H指数(80.9)」で大きく差をつけられている。つまり論文分野が上位校に比べて弱いということになる。

この傾向はほかの日本およびシンガポールの大学にも該当する。東京大学をのぞいた日本の大学の「H指数」はすべて60ポイント台以下、東京大学と京都大学を除いた大学の「論文の被引用回数」は70ポイント台以下だ。

「社会的・学術的に影響をあたえる論文の発表を目指す」「そのための人材育育成(国内・国外問わず)を強化する」といった取り組みが、今後日本の大学がコンピューター科学の発展を目指す上で重要な課題となるだろう。

中国からは6校、香港からは3校がトップ50入り

中国からはトップ500に33校が選ばれ、そのうち6校がトップ50入り。同国の一流校のひとつとして数多くの大学ランキングで選ばれている清華大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)と提携関係を結び、国際化にも力を入れている北京大学などが上位となった。

中国のコンピューター科学分野の共通の弱点は「学術的な評価」で、北京大学の73.8ポイントが最高スコアとなっている。総合順位では北京大学よりも上の清華大学は67.8ポイントという結果だ。

香港は6校中、3校がトップ50に。コンピューター科学分野ではライバルを寄せつけない香港科技大学、1911年に設立された香港最古の香港大学、最先端のコンピューター設備を誇るという香港中文大学など。

中国同様、「学術的評価」が最高71.6ポイントと低めだ。「論文の被引用回数」は90ポイント台だが、「H指数」は80ポイント台にとどまる。

欧州最多校は英国、オーストラリアやカナダも健闘

欧州は英国が46校と健闘。しかしトップ100入りを果たしたのはわずか6校だ。世界的な名門校、ケンブリッジ大学やオックスフォード大学に加え、インペリアル・カレッジ・ロンドン、設立400年を超える歴史をもつエディンバラ大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(31位)などが選ばれた。

50位以下にはキングス・カレッジ・ロンドン、マンチェスター大学、ランカスター大学などが名を並べた。

「論文の被引用回数」で最高評価を得たのは、37位のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)で、オックスフォード大学(91.3)やケンブリッジ大学(90.7)よりも高い91.8ポイント。総体的にこの領域の評価よりも「H指数」が低いという点は香港と共通する。

そのほかスイスはスイス連邦工科大学チューリッヒ校とスイス連邦工科大学ローザンヌ校など7校がオーストラリアはメルボルン大学、オーストラリア国立大学など22校、カナダはトロント大学やブリティッシュコロンビア大学など19校がトップ500に入った。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)