世界102カ国・地域からタックスヘイブンに流出した法人税額を調べたところ、日本は468億ドル(約5.2兆円)と米国、中国に次いで3番目に損失額が高いことが分かった。世界の損失総額は年間5000億ドル(約56.5兆円)と推測されている。

これは「企業の租税回避による歳入損失総額(2016年)」をまとめたもの。

流出した法人税がGDP(国内総生産)を占める割合で見てみると、チャド、ギアナ、マルタなど低〜低中所得国がランキングの上位を独占する。つまり法人の租税回避が経済そのものにもたらしている打撃は、新興国の方が大きいということになる。

2016年に国際通貨基金(IMF)の調査員、アーネスト・クリヴェリー氏などが共同で発表した報告書が、この調査のベースとなっている。国際連合大学(UNU)が租税回避の実態に関する正確性を高める意図で、国際政策調査ネットワーク、ICTD (International Centre for Taxation and Development)のデータベースを利用し、様々なデータベースと照らし合わせて再分析した。

法人税の国外流出総額が高い30カ国・地域

タックスヘイブン,租税回避,法人税
(画像=Thinkstock/Getty Images)

30位 ザンビア 9.8億ドル
29位 オランダ 10.3億ドル
28位 英国 10.5億ドル
27位 スリランカ 10.7億ドル
26位 エチオピア 11.0億ドル
25位 ポルトガル 11.1億ドル
24位 韓国 11.2億ドル
23位 チュニジア 11.3億ドル
22位 コスタリカ 11.7億ドル
21位 グアテマラ 14.6億ドル
20位 マレーシア 23.3億ドル
19位 カナダ 33.8億ドル
18位 ベルギー 34.9億ドル
17位 ペルー 49.2億ドル
16位 イタリア 53.3億ドル
15位 スペイン 55.1億ドル
14位 南アフリカ 58.2億ドル
13位 オーストラリア 60.5億ドル
12位 フィリピン 63.7億ドル
11位 インドネシア 64.8億ドル
10位 パキスタン 104億ドル
9位 ドミニカ共和国 117億ドル
8位 ドイツ 150億ドル
7位 フランス 197億ドル
6位 アルゼンチン 214億ドル
5位 マレーシア 233億ドル
4位 インド 411億ドル
3位 日本 467億ドル
2位 中国 668億ドル
1位 米国 1888億ドル

GDP拡大の裏で法人所得税収入は減少——米国