金融の専門家が選ぶ「最も働きたい銀行(投資銀行)ランキング」で、ゴールドマン・サックスが2年連続首位に輝いた。2位は昨年から2ランクアップしたエバーコア、3位はセンタービュー・パートナーズが維持という結果に。

4位以下は順位の変動が大きく、昨年2位だったモルガン・スタンレーを筆頭に、クレディ・スイスやバンカメなど大手がこぞって順位を落としている。UBS やシティグループに至っては20位以下にまで転落、5位だったJPモルガン・チェースは一気に18位まで急降下した。

米国の人材あっせん企業ヴォールト(Vault)が2011年から毎年発表しているランキングで、大手投資銀行85社以上から選ばれた2400人の専門家を対象に、2017年春~夏にかけて実施されたアンケートに基づき作成されたものだ。各銀行の「権威(40%)」「社風(20%)」「報酬(10%)」「全体的な満足度(10%)」「ワークライフバランス(5%)」「トレーニング(5%)」を総合的に評価している。

「最も働きたい銀行トップ20」

投資銀行,JPモルガン人材
(画像=Thinkstock/GettyImages)

カッコ内は前回順位

↑ 20位(23位) グッゲンハイム・セキュリティーズ (Guggenheim Securities)米国
↑ 19位(21位) 米国バークレイズ投資銀行(Barclays Investment Bank Americas)米国
↓ 18位(5位) JPモルガン・チェース(J.P. Morgan Chase)米国
↑ 17位(19位) ループ・キャピタル・マーケット(Loop Capital Markets)米国
↓ 16位(11位) クレディ・スイス(Credit Suisse)スイス

↑ 15位(17位) コーウェン(Cowen)米国
↑ 14位(16位) ベアード(Baird)米国
→ 13位(13位) ピーター・ソロモン・カンパニー(PJ Solomon)米国
↑ 12位(14位) ウィリアム・ブレア―(William Blair)米国
↑ 11位(12位) フーリハン・ローキー(Houlihan Lokey)米国

→ 10位(10位) PJT パートナーズ(PJT Partners)米国
↓ 9位(6位) バンク・オブ・アメリカ(Bank of America)米国
→ 8位(8位) ペレラ・ウェインバーグ・パートナーズ(Perella Weinberg Partners)米国
↑ 7位(20位) ラザード(Lazard)米国
↑ 6位(7位) グリーンヒル・アンド・カンパニー(Greenhill & Company)米国

↑ 5位(9位) モーリス・アンド・カンパニー(Moelis & Company)米国
↓ 4位(2位) モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)米国
→ 3位(3位) センタービュー・パートナーズ(Centerview Partners)米国
↑ 2位(4位) エバーコア(Evercore)米国
→ 1位(1位) ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs)米国

「働きたい銀行」と「権威ある銀行」は違う?