先月下旬から小売り企業を中心とした2月決算企業の第3四半期決算発表がスタートしていますが、今月に入ってすでに40社を超える企業が決算を発表しています。そこで今回は今月5日から10日までに決算を発表した企業を対象に2月決算企業の第3四半期決算発表を集計してみました。これまで同様に通期の業績予想を修正する企業は限定的でしたが、決算発表を受けて株価が大きく動くケースは多くみられました。

投資のヒント,小売り企業決算集計速報
(画像=Thinkstock/GettyImages)

例えば第3四半期累計では7%余りの営業増益を確保したものの、第3四半期3ヵ月間では大幅な営業減益だったエスクロー・エージェント・ジャパン <6093> の株価は決算発表に1割を超す下落となっています。

また、通期の営業利益の見通しを下方修正したヨンドシーホールディングス <8008> でも株価が7%を超す下落となっています。一方で第3四半期累計の営業利益が大幅増益となったイオンファンタジー <4343> や通期の営業利益を上昇修正したスター精密 <7718> では決算を受けて株価が大きく上げています。

小売り企業の決算集計速報
(画像=マネックス証券)
小売り企業の決算集計速報
(画像=マネックス証券)

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

【関連リンク マネックス証券より】
日経平均 2万4000円台到達なるか
2018年株式相場の注目点
大発会 大幅高の理由
あらゆる市場で"史上最高値更新":バブルのリスクはどこにあるのか
2017年のマーケットを振り返る ~2018年のヒントを探る~