通販ファッションサイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイ <3092> 。前澤友作社長が「プロ野球球団を持ちたいです」とツイートした事が話題となっている。

今回、スタートトゥデイのプロ野球球団保有の可能性について、数字面から検証した。既に時価総額では、プロ野球球団を保有する上場会社でスタートトゥデイを上回るのは、ソフトバンクグループとオリックスのみであり驚きだ。

ZOZOTOWN前澤社長の、プロ野球球団を持ちたい、とのツイートが話題に

ZOZO, 前澤, 野球
(画像=Getty Images)

何かとプライベートが話題となる前澤社長は、スタートトゥデイの創業者にして現在も株式の約38%を保有する筆頭株主だ。

「ファッション通販サイトの会社にプロ野球球団を持つ体力があるのか?」というのは誰もが感じる疑問といえる。そこで今回、スタートトゥデイの数字面からプロ野球球団を保有の可能性を探る事とした。

スタートトゥデイとDeNAの決算数字の比較

ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの直近の決算である2018年3月期の数字は下記だ。

売上高984億円(前年同期764億円)
営業利益327億円(同263億円)
当期純利益202億円(同170億円)

通販サイトのカテゴリーに位置付けられる同社だが、営業利益率は30%を超え高い利益率を誇っており、当期純利益も200億円前後で推移している。

尚、2018年3月期末時点の自己資本比率は約58%であるが、銀行からの借り入れはなく無借金会社だ。

次に既に横浜DeNAベイスターズを保有している、ディー・エヌ・エー(DeNA) <2432> の直近決算(2018年3月期)を確認する。(尚、スタートトゥデイは日本の会計基準、DeNAはIFRS基準での決算)

売上高1394億円(前年同期1438億円)
営業利益275億円(同232億円)
当期利益230億円(同308億円)

スタートトゥデイと比べると、売上高はDeNAが大きく上回っているものの、営業利益はスタートトゥデイが上回っている。ただしDeNAの営業利益のうち約18億円はプロ野球球団を中心とするスポーツ事業から上げられており、スポーツ事業を除くと利益はスタートトゥデイのほうがより優位となる。

既に横浜DeNAを保有しているDeNAの業績と比べて、スタートトゥデイは遜色ない業績だ。会社の体力から見て、ZOZOTOWNがプロ野球球団を持っても何ら不思議はない状態と言える。

プロ球団を保有する上場会社との時価総額の比較

次にプロ野球球団を持つ上場企業とスタートトゥデイの時価総額を見てみよう。(時価総額は7月30日終値)

DeNA <2432> 3175億円
日本ハム <2282> 4617億円
西武HD <9024> 6517億円
※埼玉西武ライオンズのオーナー企業は西武鉄道。西武鉄道の親会社が西武HD。
阪急阪神HD <9042> 1兆1366億円
楽天 <4755> 1兆1148億円
ヤクルト <2267> 1兆3923億円
オリックス <8591> 2兆5187億円
ソフトバンクG <9984> 10兆2097億円

スタートトゥデイの時価総額は1兆4336億円。時価総額は上場企業に対する株式市場の評価で、企業の経営体力とは異なる視点での評価となる。しかしながらプロ野球球団を保有する上場企業との比較では、スタートトゥデイを上回る時価総額を有するのは、10兆円を超す時価総額のソフトバンクGと、金融事業を手掛けるオリックスのみという状態は驚きを感じる。

株価上昇の契機をつかめない楽天を、時価総額ではスタートトゥデイが抜き去っている。時価総額から見れば、スタートトゥデイは既にプロ野球球団の保有資格を充分に有する企業だ。

スタートトゥデイの株価動向

スタートトゥデイの株価は、2015年以降右肩上がりで上昇している。2017年後半には一旦4000円を目前に株価は反転し、2018年3月には3000円を割れる水準にまで下落したが、4月から上昇を開始。好調な決算を背景に、6月には4000円を確実に超え、7月30日終値は4580円となっている。

そして予想PERは約50倍と、高水準を維持。既に株式市場からの評価が高い同社が、プロ野球球団を持ち赤字が継続した場合、株式市場からの評価が下がる懸念もある。

千葉ロッテ以外の選択肢もあるのでは?

前澤社長の千葉愛は広く知られており、既に千葉ロッテマリーンズの本拠地はZOZOスタジアムとの名称で運営されている。スタートトゥデイがプロ野球球団を買収するなら千葉ロッテ、というのが衆目の一致するところだ。

ただし西武HDは、外資系ファンドが大株主時代にプロ野球球団の売却が話題になったことがある。楽天も保有のサッカーチーム・ヴィッセル神戸に大金を投じスペイン代表のイニエスタ選手を獲得し話題になるなど、サッカーへの傾倒が顕著だ。また新しいプロ野球球団を迎えての、プロ野球16チーム構想も存在する。

噂通り千葉ロッテを買収することになるのか、それとも予想もしていない展開となるのか。前澤社長が今後プロ野球界とどのような形で関わるかに引き続き注目が集めりそうだ。(ZUU online 編集部)