stadium-77878_640


サッカー選手の生涯年収

今年はサッカーのワールドカップ(ブラジル大会)があったことから、世界中がサッカーに注目する年となりました。ところで、サッカー選手の生涯年収はどれくらいかご存知ですか?これから紹介する一部のスター選手を除いては、あまり高くないようです。

大体5,000万円程度と言われています。その理由は、サッカー選手が現役で活躍できる期間にありました。平均すると5年程度です。それ以降になると怪我や体力の衰えにより引退し、第二の人生を歩むケースが多いからです。それを考えると、これから紹介するスター選手たちがいかにすごいかお分かりいただけるかと思います。では、保有資産額トップ10の選手を順に見ていきましょう。(以下、1ポンド=約170円として換算。)


スター選手の保有資産額 6位〜10位

10位:ティエリ・アンリ(4,700万ポンド=約78億9,000万円)
アメリカのメジャーリーグサッカーチーム「ニューヨークレッドブルズ」に所属するフランスの選手です。プレミアリーグに在籍していた時代は、歴代最多となる4度の得点王受賞を始め、数々の個人タイトルを総なめにした選手です。その輝かしい経歴にふさわしく、ルノー、ナイキ、リーボック、ジレット、プーマなどの一流ブランドがスポンサーについています。

9位:ジャンルイジ・ブッフォン(5,200万ポンド=約88億4,000万円)
イタリア、セリエAのチーム「ユヴェントス」に所属する選手です。同国の代表選手でもあります。そのプレースタイルは、「あまりにも多くの才能に恵まれ、冷静でチーム全体に良い影響を及ぼしている」という評価を受けるほど完成度の高いものです。

8位:ズラタン・イブラヒモヴィッチ(5,700万ポンド=約96億9,000万円)
スウェーデン生まれで、ユヴェントス、インテル、FCバルセロナなどそうそうなチームで活躍してきた経歴を持つ選手です。過去にはスウェーデン代表にも選ばれています。現在は、フランスのチーム、パリ・サンジェルマンでプレイしています。最優秀選手賞など、数々のタイトルも取得しました。

7位:ロナウジーニョ(金額は不明)
バルセロナ、ACミランなど世界中の名門チームで活躍したブラジル人選手です。過去のワールドカップでも、ブラジル代表としてチームに貢献しました。彼の代理人を務めている実兄・ロベルトは、過去にアシスという名前でJリーグのコンサドーレ札幌に在籍していました。

6位:ネイマール(6,600万ポンド=約112億2,000万円)
まだ20代前半の若さにも関わらず、ブラジル代表に選ばれています。2010南アフリカ大会、2014年ブラジル大会に出場しました。2014年のブラジル大会では、準々決勝のコロンビア戦で脊椎骨折し、以降の試合に出場できなくなったのは記憶に新しいことでしょう。

【おすすめ記事】
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは