多くの投資家がポートフォリオにESGを注目している

ガバナンスは最も利用されている基準であり、ますます多くの代替ファンドがロング・ポジションとショート・ポジションの両方のスクリーニングに利用している。

金融技術および調査会社である「Backstop BarclayHedge」の最新調査によると、ヘッジファンドは環境、社会、ガバナンスへの投資の選別に向かっている。実際、これらの調査の41%が、ポートフォリオに含める株式を選択する際にESGを考慮すると述べている。これは目新しいことではない。ESGを使用する人は平均して6年間、それを含めている。

BarclayHedgeによると、来年、ESGを導入することを計画しているファンドの数は58%に急増し「この傾向は、ESG投資が今年の第1四半期に記録的な水準で増加したという報告と一致している」という。