米公認会計士協会 (CPA) によると、最近大学を卒業したか、あるいは卒業しようとしている若年求職者のうち、10人に7人が、雇用の安定をあきらめて、誰かのために働くよりも自分の上司になりたい、つまり独立したいと考えている。

調査に参加した若者の53%が、いつか自分で事業を始めるだろうと答えました。 AICPAの全国CPA金融リテラシー委員長であるGregory Antonは声明で「現在労働市場に参入している世代が、明確に定義されたキャリアパスの中で昇進するという従来のアプローチを超えていることは驚くべきことではありません」と述べた。