stethoscope-448616_640


医療を受けるため日本を訪れる中国人

現在、医療を受ける目的で日本を訪れる中国人が激増しています。単に医療を受けるだけに留まらず、観光を兼ねた、いわゆる「医療観光」が急増している点に特徴があります。ただし、言葉の問題やサポート体制に関する問題点があって、受け入れ先の医療機関に関しては、大病院、大学病院、医療観光を専門としている施設等に限られるようです。

受け入れ先の立地条件に関しては、首都圏の医療機関が多いものの、関西圏の医療機関も決して少なくなく、また、中国から地理的に近い福岡市・北九州市の医療機関を訪れる人も少なからず存在しており、受け入れ先は全国各地に散らばっています。


どの様な医療を受けているのか

医療を受けるため日本を訪れる中国人がどの様な医療を受けているのでしょうか。実は過半数の人間が、健康診断を受けています。健康診断と言っても、一般的な診断の他、独自の補助療法を行っている所もあって、一例として不眠治療を行ったり、禁煙サポートを行ったり、スポーツジム等を備えているところも存在します。

それ以外では整骨・臓器移植・がん治療・心臓病治療・整形外科等の先進医療を受ける人が多く、臓器移植等の医療技術に関しては、中国ではあまりハイレベルな医療が受けられないこともあって、そのために日本を訪れる中国人も少なくありません。

当然、中国人は日本の健康保険証を持っていないため、自由診療を受けるのにも抵抗がありません。なお、歯科医療に関しては日本の技術力が低い点もあって、日本を訪れる割合が低い傾向にあります。