200万ドル以上の所得を持つ納税者に集中しており、移住の影響は所得とともに増大していることが明らかになった

ある研究では、高所得者への増税が彼らを州から逃亡させたかどうかを調べた。

州税が高すぎると、多くの裕福な納税者が別の場所に移動するだろう。これは「National Bureau of Economic Research」による74ページの論文からの発見である。

スタンフォード大学のJoshua Lau氏とフーバー研究所のRyan J.Shyu氏による論文である「高額所得者の州所得税に対する行動的対応:カリフォルニア州の事例」は、2012年に有権者が承認したカリフォルニア州の住民投票による提案30の増税を検証し、高税率が同州の最も富裕な人口を国外に流出させ得るかどうかを判断した。