【【【リモート経営✖️鬼速PDCA】Afterコロナで年商1,000億を越えるための経営アクセルとは?

新型コロナウイルスの感染拡大で、未曾有の危機に陥っている世界経済。日常生活はもとより、 働き方やビジネスモデルなど、今までの常識が通用しない事態となり、これは収束後も続くと予想されます。

ZUU onlineでは、「リモート環境下の経営」をテーマにZoomによるウェビナーを開催します。 株式会社ネオキャリア 代表 西澤氏と株式会社ZUU 代表冨田による対談を通してコロナ禍のいま知っておくべき、「新たな時代」を乗り切るための、組織戦略を紹介します。

講師紹介

西澤亮一 氏
西澤亮一 氏(株式会社ネオキャリア 代表取締役)
1978年生まれ、北海道出身。 2000年3月、日本大学商学部卒業。同年4月、新卒で投資会社へ入社。 同年11月、同期新卒9名で株式会社ネオキャリアを設立。取締役に就任。 設立後1年半で赤字4000万円、一時倒産の危機を迎える。2002年、西澤を代表取締役として会社を立て直すことに。就任後より単月黒字化を維持し、1年半後には累積債務を解消。存続の危機を乗り越え、以降、売上、社員数共に成長を遂げてきた。 現在は、「成長し続ける」という全社で掲げる思想の下、世界を代表するサービスカンパニーの実現を目指す。
冨田和成
冨田和成(株式会社ZUU)
株式会社ZUU代表取締役。神奈川県出身。一橋大学在学中にIT分野で起業。2006年大学卒業後、野村證券株式会社に入社。本社の富裕層向けプライベートバンキング業務、ASEAN地域の経営戦略担当等に従事。2013年3月に野村證券を退職。同年4月に株式会社ZUUを設立し代表取締役に就任。 月間訪問数400万を超える金融メディア「ZUU online」を含む資産運用の総合プラットフォーム運営、金融機関や不動産業界向けフィンテック化支援事業、組織の生産性業務効率化を支援する鬼速PDCAシステムを提供。2018年6月東京証券取引所マザーズ市場に上場。 著書に累計20万部突破の『鬼速PDCA』、『営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて』(クロスメディア・パブリッシング)、『資本主義ハック 新しい経済の力を生き方に取り入れる30の視点』(SBクリエイティブ)等。

アーカイブ(※ 期間限定特別公開)

こちらもおすすめ

冨田さん登壇勉強会