米商品先物取引委員会(CFTC)の会長であるHeath Tarbert氏は22日、会長職を辞任すると正式に発表した。今後は委員の1人として職務を続けていくという。

CFTC
(画像=Shutterstock)

同氏は2019年7月にトランプ前大統領の指名を経てCFTCの会長に就任。ブロックチェーンネットワークの重要性や、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムに対して「(イーサリアムは)有価証券ではなくコモディティだ」との認識を示すなど、暗号資産業界に大きく影響を与えた人物だ。

Tarbert氏は2024年まで任期があったが、昨年12月に辞任の意向を示していた。

同氏の退任に伴い、早くも後任候補が明らかになっている。

ロイターの報道によると、Tarbert氏の後任としてジョージタウン大学の教授であるChris Brummer氏を起用することが有力であるという。

Brummer氏はジョージタウン大学で国際経済学を教えており、暗号資産やデジタル技術の研究をしている。

同氏はオバマ政権時にCFTCの委員候補として指名を受けたが、トランプ政権へと移り変わったことで取り消された。

先日就任したばかりのバイデン大統領が近日指名し、正式に会長職に就くことになる見通しだ。

なおロイターによると、バイデン大統領はBrummer氏を他の金融規制当局の要職者としても指名する可能性もあるという。

また先日、米証券取引委員会(SEC)の長官にGary Gensler氏が就任している。Gensler氏は2009年から2014年までCFTCの会長を務めていた人物で、Brummer氏と同じように暗号資産に対する知見を持っている。

さらに、通貨監督庁の長官には元リップル社の役員などを歴任したMichael Barr氏が就任する見通しだとWALL STREET JOURNALが伝えている。

現在、米国では暗号資産XRPの有価証券問題やウォレット規制に関する問題など、暗号資産業界に大きな影響を及ぼす事案が浮き彫りとなっている。

そういった状況で、金融規制当局のトップに暗号資産やブロックチェーンに関する知識を深く持ち合わせた人物が就任するだけに、今後どのように対処していくのか注目が集まることだろう。(提供:月刊暗号資産