ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事は26日、新型コロナウイルスワクチンを接種したことをアプリ上で証明できるプログラムを拡大することを表明した。このようなアプリの運用は米国で初の試みとなる。

コロナウイルス
(画像=Shutterstock)

ニューヨーク州とIBMが共同開発したこのプログラムは「エクセルシオール・パス(Excelsior Pass)」と呼ばれ、ワクチン接種の履歴の他にもPCRテストの陰性結果や抗原検査の結果を証明することもできる。

ワクチン接種の証明はQRコードの読み取りで行われ、ユーザーの個人情報が開示されることは一切ない。ユーザーの個人情報は、IBM開発のブロックチェーン技術を基盤として作られたデジタルヘルスシステムによって担保されている。

IBMのシステムでは、ユーザーがワクチンを接種すると同時に、スマホ上のデジタルウォレットに検証可能な健康証明を発行する仕組みになっている。

この健康証明はアプリを介して共有することができる。デジタルウォレットに保管された健康証明は、悪意のある第三者によって書き換えられない。そのため、信憑性の高い健康証明が可能になる。

さらに、今回ニューヨークに導入されたエクセルシオール・パスは、飛行機の搭乗券と同様にスマホ上に保管するだけでなく、紙面にプリントすることもできるという。

ニューヨーク州では、マディソン・スクエア・ガーデンやタイムズ・ユニオン・センターで、同アプリが最初に利用される予定だ。クオモ知事はこのアプリに関して、「この革新的な技術を利用したアプリで、様々なビジネスを再開しつつ新型コロナウイルスと戦っていける」とコメントした。

アプリを共同開発したIBMのデジタルヘルスシステムが、今後の新型コロナウイルスワクチン接種証明の基準になると言う声もある。その一方で、米国ではIBMの他にもWalmartが同様のアプリを開発しているほか、オープンソースで開発を進めているグループも存在する。

今後、こういった証明アプリの提供がさらに加速していくことだろう。(提供:月刊暗号資産