New Year Events In Japan

(写真=Getty Images)

【おすすめ記事】
もらえる株主優待を倍にし、IPO当選確率をあげる裏技

2月24日、オリエンタルランド <4661> が株式分割とそれに伴う株主優待制度の配布基準変更を発表した。2015年3月31日を基準日として、同日最終の株主名簿に記録された株主の所有する普通株式を、1株につき4株の割合をもって分割する。投資単位当たりの金額を引き下げることにより、当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図る。

オリエンタルランドの株価は同日の終値で1株29860円となっており、単位株では約298万円の資金が必要となる。個人投資家には手が出しにくい株価水準に達していた。今回の株式分割で、同日終値で計算した場合、約75万円まで最低投資額が引き下がる。

なお、株主優待制度については、既存の株主においては、1DAYパスポートの配布枚数に変わりはないが、分割後の株式数で100株を保有する株主には3月末にのみ1DAYパスポート1枚を配布することとした。

また、同日に長期保有株主向けの優待制度を導入したことも発表、現行の株主優待制度に追加して、東京ディズニーリゾートの5周年毎のアニバーサリーイヤーに株主用パスポートを配布する。2015年9月30日から2018年9月30日まで のすべての基準日(9月30日および3月31日)において、同一株主番号で当社株式を100 株以上保有している株主に、株主用パスポートを2枚配布、同様に、東京ディズニーリゾート40周年に向けて、2018年9月30日から2023年9月30日までのすべての基準日(9月30日および3月31日)において、同一株主番号で当社 株式を100株以上保有している株主に、株主用パスポートを4枚配布する。

同社は2015年3月期から10年にわたって総額5000億円の投資をすることを昨年10月に発表済みであり、また、今年の2月4日には、優秀な人材を囲い込むため、現在在籍する有期雇用社員821名の無期雇用化に踏み切った。これに加えて、株主分割及び株主優待制度の充実で安定株主を確保しながら、更なる成長を目指す。(ZUU online編集部)

実際に株式投資を始めてみる

株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)

■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

■口座開設数2位、外国株や投資信託に強く、マーケットスピードも使える
>> 楽天証券の口座開設はこちら

■米国株の取扱に強く、IPO取扱数2位、ミニ株も取引できる、手数料も安い
>> マネックス証券の口座開設はこちら

■三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、ミニ株も取引できる
>> カブドットコム証券の口座開設はこちら

■業界最安水準の手数料が売り
>> ライブスター証券の口座開設はこちら

■どの約定金額でも手数料最安レベル
>> GMOクリック証券の口座開設はこちら

■IPO当選確率を上げるならおすすめ、ツールも魅力的
>> 岡三オンライン証券の口座開設はこちら

■少額取引の手数料が0円
>> 松井証券の口座開設はこちら

【あわせて読みたい 「株主優待」記事】
2017年3月の株主優待銘柄 実質利回りランキング20
グローバル視点のビジネスパーソンが見るべき5つの英語情報源
株主優待「質の高い」情報を集める5つの方法
株主優待で利益を出す 「安値で購入するタイミング」とは?
JR九州、明日上場 株主優待はどんな内容? JRグループの他社の優待は?