d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_m

投資の方法として、非常にスタンダードに用いられる「定期預金」。賢く資金を増やすなら、お金を預ける銀行も良く吟味して選ぶ必要がある。定期預金の金利と、銀行各社の特徴を見てみよう。


住信SBIネット銀行

最短1カ月の定期預金もあるのが「住信SBIネット銀行」だ。6カ月定期も金利が0.20%と、短期で確実に増やすことができる。

ソニー銀行

か長期の円定期預金において、高金利を実現している会社だ。また、振込手数料もかなり安くなっており、優れたものとなっている。

ジャパンネット銀行

1万円から定期預金ができる「ジャパンネット銀行」も、手軽さからは見逃せない銀行である。最短1カ月でも定期預金が可能で、最長10年金利0.22%と非常に高率だ。

新生銀行

新規限定で6カ月定期が0.50%と高金利な商品を出しているのが「新生銀行」だ。口座開設後3カ月以内に利用できる限定商品だが、非常にお得で見逃せない。

オリックス銀行

300万円以上で1年定期が0.27%、3年定期と5年定期が0.40%の「オリックス銀行」も非常に高率の金利が魅力の銀行だ。最短2週間の定期預金商品もある。

あおぞら銀行インターネット支店

50万円以上の6カ月定期は金利が0.20%、1年定期は0.26%、3年定期は0.30%、5年定期は0.35%と年数に従い金利が増える「あおぞら銀行インターネット支店」。金額にかかわらず金利が同じことも特徴だ。

東京スター銀行

「東京スター銀行」の10年定期の高金利プランは見逃せない商品の一つだ。最初の3年は0.50%、次の3年は0.60%、最後の4年は0.80%と三段階に金利が上がる。

【関連記事】
定期預金とは、ローリスク資産運用でインフレに対応しよう