6a35c7da3c43c11daac2b93a24085128_m

手軽なローンプランとして人気の「カードローン」。三大メガバンクのカードローンを徹底比較してみよう。

みずほ銀行

カードローン専用の口座と、キャッシュカード兼用の口座の二種類から選べるのが「 みずほ銀行 」のカードローンの特徴だ。

カードローン専用の口座も良いが、キャッシュカード兼用にしておくなら、引き出しや預金も一つの口座でできるので非常に便利である。また、キャッシュカード兼用にするならば、ネットバンキングを利用して返済も行えるので、窓口に行く手間も省ける。

200万円以下なら書類提出も必要なく、最短即日で借りられるのもみずほ銀行のカードローンの特徴である。利用限度額は1000万円、金利は4.0%から14.0%と非常に低いことも魅力である。

三菱東京UFJ銀行

審査の早さに定評があるのが「 三菱東京UFJ銀行 」のカードローンだ。金利は1.8%から14.6%、利用限度額は500万円、三菱東京UFJ銀行や提携コンビニのATMで手数料不要で返済できるのも大きな魅力である。

三菱東京UFJ銀行の口座を持たない人でも、カードローンを利用することができる。またテレビ窓口があり、銀行閉店後や土日も融資を受けることが可能だ。

三井住友銀行

300万円までの融資なら書類提出も不要であるのが「 三井住友銀行 」の大きな特徴だ。審査が最短30分と非常に早く、ローン開始も返済も来店の必要がなく非常に手軽に行えることも、大きな魅力である。

金利は4.0%から14.5%で利用限度額は800万円だ。銀行内のローン契約機を利用して手軽にローンを開始することもできる。また、電話やインターネットから申し込むことも可能だ。三井住友銀行の口座がない人も、カードローンを申請することができる。

消費者金融と比較すると、限度額の大きさや金利の安さなどメリットが多いのも銀行系のカードローンの魅力だ。ライフプランに合わせて、最も適切なカードローン会社を選択しよう。