ウクライナ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、長引く紛争で財政難に陥っているウクライナの信用格付けを1段階引き下げ、下から2番目に低い水準の「Ca」とした。デフォルト(債務不履行)に陥る可能性が高いという。

ウクライナについては、国際通貨基金(IMF)が175億ドルの追加支援を決めているが、政府の債務再編を通じて、民間の債権者が大きな損失を計上する可能性が大きいためという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
三井物産が北米子会社のトランスフレイト社売却を発表
サラリーマン投資家急増 不動産投資で陥りやすい意外な罠とは?
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
イオンが連結業績予想を発表、営業利益などで下方修正
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株をa上場前に買う2つの方法