U.S. Party Including Northeast Maglev CEO Wayne Rogers Visits Yamanashi Maglev Test Track
(写真=Getty Images)

東海旅客鉄道(JR東海) <9022> は4月21日、山梨リニア実験場(全長42.8キロメートル)で同日午前に実施したリニア最新型車両の有人走行試験で、世界最高の時速603キロメートルを記録した、と発表した。今月16日に自らが出した世界記録の同590キロメートルを更新。ギネス世界記録の認定を申請するという。

山梨リニア実験線(山梨県笛吹市―上野原市)で新型のリニア車両「L0(エル・ゼロ)系」の試験走行を実施した。この日の試験では午前10時48分にトンネル内で時速603キロメートルに到達。10.8秒間、600キロ以上で走った。

リニア中央新幹線は品川ー名古屋間で2027年の開業を目指す。最高時速約500キロメートルで営業運転する予定。試験でより高速で走った際の空気抵抗などのデータを収集、技術向上につなげる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
コンビニ業界の勝機は「PB商品」の充実にあり!
2015年、テンバガー(10倍株)を見つけるヒントはここにあり?
日経新聞/日経MJ/四季報まで閲覧可?会員制データベースに自由にアクセスする方法
テンバガー(10倍)を徹底分析!2015年押さえておきたいキーワード
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法