日本郵政
(写真=Thinkstock/Getty Images)

日本郵政は5月15日、宅配便サービス「ゆうパック」の費用改定を発表し、その中で同サービスの値上げを行うことが明らかになった。ゆうパックで取りそろえる梱包箱の大きさや、配送先の地域に応じて決まっている価格がそれぞれ引き上げられた。

発表によれば、同社はサイズや地域によって異なる費用について、最大で320円の値上げとなり、最小の値上げ幅は30円となる。改定後の価格でサービスを開始するのは8月1日になる予定だ。

併せて、ゆうパックの割引学も拡充。持ち込み割引については、もともと100円だったところ、120円に変更し、同一宛先割引も50円から60円に拡充する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
液晶に再起をかけるシャープの勝算は?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報など全て閲覧可!?ネット証券は『情報の宝庫』
「ふるさと納税」、自分の年収だといくらまで寄付すればいいのか知っていますか?
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法