ThinkstockPhotos-468918828
(写真=Thinkstock/Getty Images)

今年もフォーブスから富裕層ランキングが発表されている。とかく話題の多い中国の富裕層にどのような人物がノミネートされているか探ってみた。


20位 鲁冠球氏(Lu Guanqiu) 51億ドル

鲁冠球氏は、70歳。杭州で自動車パーツメーカーとして万向集团を設立し、その後太陽発電や不動産など多角的に展開して事業を大きくした存在。世界での富豪ランキングは301位となる。


19位 郭広昌氏(Guo Guangchang) 57億ドル

郭広昌氏は巨大コングロマリット・復星国際(フォースン・グループ)の会長。復星はほぼルネサルエレクトロニクスと同規模の企業であり、上海の名門・復旦大学のOB4人が1992年に設立したことで知られる。郭広昌氏は中国財界の大物としても知られる。世界富豪ランキング259位。


18位 张志东氏(Zhang Zhidong) 58億ドル

Tony Zhangとして知名度の高い同氏はインターネットカンパニーであるテンセントのCTOを16年間勤めた存在で、同社の株式を約3%有し、第2のシェアホルダーとなっている。 世界でのランキングは254位。


17位 卢志强氏(Lu Zhiqiang) 59億ドル

卢志强氏は北京のチャイナオーシャンワイドグループの創業者。同社は中国の非国営コングロマリットの中ではもっとも大きな企業のうちのひとつ。不動産、金融サービス、レノボコンピュータを手がけている。2014年にはサンフランシスコで土地を買収したことでも有名な存在。世界ランキングは248位となる。


16位 陳 麗華氏(Chan Laiwa)61億ドル

陳氏は香港富華国際集団の主席を務め、主に不動産業を手がける。北京市の長安街に会員制の高級クラブ・長安倶楽部と八通線路北側に紫檀博物館を所有することでも有名で、同市内で不動産プロジェクトも手がけている。世界ランキングでは240位となる。