ThinkstockPhotos-184677175
(写真=Thinkstock/Getty Images)

イギリス・ロンドンで今、ラーメンブームが巻き起こっている。多くのラーメン店がオープンしているが、そのほとんどが「とんこつラーメン」だ。とんこつラーメン店に長い行列ができている。味噌でも醤油でもなく、とんこつラーメンが大人気なのだ。

ラーメン人気は、日本を軽く飛び越え世界中へと羽ばたきつつある。なぜ、いまロンドンで「とんこつラーメン」が流行っているのか。その秘密を探ってみた。


ロンドンで流行るとんこつラーメン

欧米諸国の先進国と同じく、イギリス人の多くもヘルシー志向であるといわれている。そんなイギリス人から見れば「日本食はヘルシー」という印象を持っているようだ。とんこつラーメンがヘルシーかどうかというよりも、イメージで日本食であるとひとくくりとして見られるため、とっつきやすいようではある。そんなロンドンっ子がとんこつラーメンを食べその美味しさから、今の「とんこつラーメンブーム」に火がついたようだ。ラーメン店はロンドン中心街に集中しており、ざっと数えただけでも6店舗が軒を連ねている。

もともとラーメン店はそんなに多く存在していたわけではなく、ロンドンでの出店が始まった時期は、2012年頃と比較的新しい。昨年の秋頃からとんこつラーメン店の出店が始まり「一風堂」、「金田家」といった福岡を本拠地とする本場のとんこつラーメン店が同じ通りを挟んで相次いで出店したことから、とんこつラーメンブームが始まった形だ。


店長は日本で修業を積む

福岡・行橋に本店がある金田家。そのロンドン店の店長は、イギリス人だ。日本に来た際にふと立ち寄ったラーメン店の味に惚れ込み、日本で修業を積んだ。「こんなに大繁盛になったのは本場日本での修業のおかげです」とアーロン・バージェススミス店長は語る。

一方、金田家ロンドン店と道を挟んだ真向いにあるのが、博多一風堂ロンドン店だ。こちらの店長は日本人がつとめる。

さらに博多で人気のとんこつラーメン店「昇龍」もオープンしている。また「Tonkotsu Bar and Ramen」という店もオープンしており、麺は日本で使用している製麺機を使う本格派店舗となっている。1店舗だけでなく、ロンドン市内に続々と店舗をオープンするなど、大人気だ。