エネルギープラント
(写真=Thinkstock/Getty Images)

三菱商事 <8058> は、トルコ共和国の財閥チャルックホールディング(CH)傘下の総合エネルギー・インフラ事業会社チャルックエナジー(CE)の株式を取得し、人材交流を含めた戦略的パートナーシップを構築することで合意した。中央アジアなどでインフラ事業の取り組みを推進していく。

CEはトルコ周辺国でのエネルギー関連のプラント建設、配電・配ガス、発電事業などで成長している企業。従業員は約2000人で、2014年の連結売上高は16億ドル。

三菱商事はCHと1990年代からプラント建設を中心に協業を進めており、昨年はトルクメニスタンで約13億ドルの大型肥料プラントをCH傘下の建設会社と共同受注している。今回の資本提携により、高成長を遂げているトルコや中央アジアなどの周辺国で新規ビジネスの発掘、開発を強化していく。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ダイハツ新型「コペン」累計販売台数1万台を突破
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
トヨタ上位独占、アクアは16カ月連続首位―5月乗用車系車名別販売台数
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法