ソフトウェア開発
(写真=Thinkstock/Getty Images)

システム検証サービスの提供などを行うベリサーブ <3724> は6月8日、システム開発時における開発ドキュメントの検証を支援するサービスの提供を開始することを明らかにした。

発表によれば、不具合が生じる原因として「開発ドキュメントの曖昧さや、日本語特有の多義文による誤実装」がある。他方で、数千ページ、数万ページに上る膨大なドキュメントのレビューの実施は難しく、ソフトウェア開発の課題となっているとのこと。

今回、ベリサーブが提供を開始する「開発ドキュメント検証支援」では、作成した開発ドキュメントを同社のツールで自動的に検証し、技術者の精査も行う。

同サービスでは、その結果を報告することで、「手戻り工数の抑止」や「納期遅延の防止」を図るなどソフトウェア開発を支援する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
伊勢志摩で16年サミット開催へ 首相、自然や伝統重
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
IoTもシステム効率化も、進行続くクラウド化
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法