コマツ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

建設・鉱山機械、産業機械などの事業を展開するコマツ <6301> は6月10日、オーストラリアのカーマイケル石炭鉱山向けに超大型ダンプトラック55台を受注したことを明らかにした。

発表によれば、コマツが今回受注したのは、超大型ダンプトラック「960E-2」と「930E-4SE」で、両製品の受注数の合計が55台となる。なお、同社は、2016年の後半から順次納入を開始するとしており、アダニマイニング社が活用する。

また、コマツは今回、同社の大型ダンプが納入されるカーマイケル石炭鉱山について、「石炭鉱山としては世界最大規模となる予定」とした。

一方、アダニマイニング社はインドの財閥の一つであるアダニ・グループの傘下の資源会社。同グループが手がける、鉄道、港、海上運送、インドの火力発電所等をエネルギーサプライチェーンとして構築する大規模計画の一部がカーマイケル石炭鉱山となっている。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
5月の企業物価、増税影響除き前年比2.0%下落
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法