クラウドストレージ (写真=Thinkstock/Getty Images)

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)と、米国発の企業向けファイル共有ベンチャーのボックスは6月16日、日本国内でのサービス提供を共同で開始することを明らかにした。安定的なネットワーク接続サービスを提供するNTTコムと提携することで、オンラインストレージ分野で注目のベンチャーでもあるボックスの日本での展開が進みそうだ。

米ITベンチャーのボックスは、2005年設立のクラウドストレージサービス提供企業。グーグルドライブやドロップボックス、シュガーシンクと類似の同社サービスではあるものの、対象は主に法人。手厚く情報管理を行えるといった特徴があるという。同社を創業したアーロン・レヴィ氏は米国でも起業家として注目されている。

今回、NTTコムは、サービスを共同開発することでボックスと合意。NTTコムの企業向けネットワークと、ボックスのクラウドストレージを組み合わせて「Box over VPN powered by NTT Communications」の提供開始を目指す。

発表によれば、同提携により、ボックスは「新たにセキュアな閉域網からの接続が可能となるVPN対応サービスがラインアップに加わる。官公庁や地方自治体、金融機関など、より多くの企業に採用の機会を拡大していく」としている。

なお、両社は、共同で提供するサービスの提供開始については、2015年内を予定している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
世界「ブランド価値」ランキングTOP100 日本から選ばれた5社とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
高金利通貨南アフリカランドの魅力とリスク・経済と内紛の不安
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法