ギリシャ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ギリシャの議会は7月16日未明(日本時間同日午前)、欧州連合(EU)が金融支援の協議再開の条件としている財政改革法案について、賛成多数で可決した。

改革案は増税や年金制度の見直しや財政緊縮策を盛り込む。EU側は金融支援の交渉再開の条件として15日までに法制化することを求めていた。審議では一部与党議員が法案に反対するなどで、採決が16日未明にずれ込んだ。

可決を受け、EU側はギリシャ支援を正式に決定するため、各国の議会承認など国内手続きに入る見込み。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
黒田日銀総裁「輸出鈍さで下振れ」、経済成長率見通しの引き下げで
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
安保法案可決に、自民が採決を急いだ理由とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る