ボルボ
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ボルボ・カー・ジャパンは7月23日、クリーンディーゼルエンジンを搭載した5車種を発売した。高性能クリーンディーゼルエンジン「D4」を開発し、販売比率の約9割占める主力5車種に搭載モデルを投入。ボルボ製ディーゼル車の国内発売は19983年以来32年ぶり。

新たにディーゼルが搭載されるモデルは「V40」「V40クロスカントリー」「S60」「V60」「XC60」の5車種。「D4」エンジンは、最高2500気圧での燃料噴射を実現する最新の「i-ART」コモンレール・ダイレクトインジェクションシステムや、2ステージターボチャージャーを採用することで、クラストップレベルの燃費と出力特性を実現した。

「D4」エンジン搭載車のJC08モード燃費は、「V40」「V40クロスカントリー」「S60」「V60」では全車1リットル当たり20.0キロメートル超を達成、SUVの「XC60」でも18.6キロメートルで、ボルボラインアップ史上、最良の低燃費を実現しているという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
TPPで恩恵を受ける業種・打撃を受ける業種
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る