日野自動車
(写真=Getty Images)

日野自動車 <7205> は7月28日、フィリピンで製造・販売を行う合弁会社「ピリピナス日野」を子会社化し、「日野モータース フィリピン株式会社」(略称=日野フィリピン)に社名を変更したと発表した。

日野自動車はフィリピンで40年以上、日野ブランドの浸透を図ってきた。近年、フィリピンの経済成長はアセアン主要国の中でも高い水準で推移し、それに伴い商用車市場も拡大していることから、日野はフィリピンを重要な市場と位置付けているという。

今回、顧客の多様なニーズに応える「トータルサポート」を強化し、ブランドのさらなる浸透を図るため、現地パートナー「Professional Managers,Inc(PMI)」と丸紅との合弁会社である「ピリピナス日野」への出資比率を引き上げ、子会社化した。従来は日野と丸紅が各15%、PMI社が70%だった出資比率を、日野70%、丸紅20%、PMI10%となる。日野フィリピンは中型、小型トラックやバスを生産、生産能力は年間約2000台という。

今後、販売体制を充実させていくとともに、トラック・バスのボディ架装事業を強化。幅広いニーズにワンストップで対応できるようにしていく。販売後のサポートやサービスも、直営ディーラーを中心にトータルサポートを強化する。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法とは
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
NTTを超える数兆円超の上場?元国営3社のIPOに迫る