Views Of Toshiba Corp. Headquarters As Toshiba's Default Risk Surges Most In Japan On Accounting Probe
(写真=Getty Images)

東芝 <6502> は7月29日、不適切な会計処理問題を受けて、室町正志会長ら役員16人の報酬一部返上などを発表した。新たに執行役1人の辞任も発表した。

発表によると、室町会長兼社長は2015年8月から月額基本報酬の50%の報酬を返上し、5月から実施してきた報酬返上などと合わせて90%の報酬を返上する。

8人の執行役も7月から合計で40%を報酬返上する。3人の取締役のうち1人は計30%、2人は計40%、4人の社外取締役は20%の月額基本報酬を返上する、とした。

また、大角正明執行役上席常務が引責辞任することも発表した。

今後、「関与者の責任の明確化」として、第三者委員会報告書に記載されている幹部従業員についても人事上の措置を検討するという。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
なぜ、今「 赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富 豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!?その意外な方法と は

年金情報流 出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?

過去最大級の時価総額1兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る