銀行
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ブルームバーグ・マーケッツ誌が30日に発表した「世界の最強銀行」番付で、農林中央金庫が第2位に選ばれた。昨年に続いて2度目の2位ランクイン。

同ランキングにはアジアの銀行6行がトップ20に入っており、うち5行はトップ10にランクインしている。トップは香港のハンセン銀行、シンガポールからは3位のオーバーシー・チャイニーズ銀行のほか、2行が9位と10位にランクインしている。

ランキングは、2015年6月1日時点で1000億米ドル以上の資産を持つ世界の公的・民間銀行を、「リスクアセットに対する中核的自己資本比率」「総資産に対する不良債権比率」「不良債権に対する貸倒金引当金比率」「預金残高に対する預金借入金比率」「経費と売上高の比較」の5つの分野で評価している。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
ソフトバンクの人型ロボット・ペッパー「本格的に社会人デビューします」
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
年金情報流出!あなたの情報を守る「予防医療」とは?
過去最大級の時価総額10兆円超?日本郵政3社の上場(IPO)に迫る