オンライン銀行
(写真=Thinkstock/Getty Images)

米投資銀行最大手の米ゴールドマン・サックス・グループは8月13日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)から預金量約160億ドル(約2兆円)のオンライン銀行を買収することで合意したと発表した。

ゴールドマンの銀行子会社ゴールドマン・サックス・バンクUSA(GSバンク)がGEキャピタル・バンクのオンライン銀行のプラットフォームと、預金80億ドル、ブローカー譲渡性預金(CD)80億ドルを引き継ぐ。買収の条件は明らかにされていない。

GEは金融子会社GEキャピタルの事業売却を進めており、今回の売却もその一つとみられる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
中国人民元切り下げの基調は「プラス評価」か?
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?