フォークリフト
(写真=Thinkstock/Getty Images)

豊田自動織機 <6201> は8月18日、台湾と中国を中心にフォークリフトや工作機械の開発・生産・販売を行っているタイリフト(本社・台湾)から、フォークリフト事業を取得したと発表した。今年8月にタイリフトがフォークリフト事業を分割して設立した新会社の株式55%を100億円強で取得し、子会社化した。

新興国市場のニーズに合致した製品の開発・生産・販売を強みとするタイリフトを子会社化し、同社の価格競争力に優れた製品をラインアップに加えることで、新興国市場への対応力を一層強化する考え。

販売分野では、豊田自動織機のグローバルネットワークと経験を活かし、国、地域ごとに最適な形で、タイリフト製品を展開していく。生産・調達分野でも、台湾と中国の生産拠点で改善ノウハウを元に、品質と生産性の向上を図る。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
旧帝大等のエリート学生の就職人気企業ランキング、上位は「あの業界」が独占
時価総額過去最高?日経平均への影響も予見される郵政3社の上場に迫る
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
ビジネスマン必見!日経をネット上で閲覧する意外な方法とは?