ファイアウォール
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ネットワーク機器やセキュリティー対策ソリューションを提供するマクニカネットワークスと、セキュリティー関連サービスのアズジェント <4288> は20日、マカフィーの次世代ファイアウォール製品「MaAfee Next Generation Firewall」(McAfee NGFW)の販売と監視サービス分野で協業を開始すると発表した。

「McAfee NGFW」の国内販売代理店であるマクニカネットワークスは、エンドユーザに製品、構築・技術サポートを提供。アズジェントは「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の対象デバイスに「McAfee NGFW」を追加し、監視サービスを提供する。

また、セキュリティー専門のアナリストが、「McAfee NGFW」の各種ログを継続的、相関的に24時間365日監視・分析し、攻撃や侵入の可能性が高いと判断されたセキュリティーイベントの通知を行う。

今回の協業で「McAfee NGFW」のユーザーは、構築、運用、監視までを含めた一連のトータルサポートを受けることが可能になる。(ZUU online 編集部)

【関連記事】
キユーピー、オランダに調味料の販売会社を設立 欧州市場に参入へ
人類史上長者1位は誰?「現役」からはビル・ゲイツ氏が9位にランクイン
なぜ、今「赤色」が人気なのか?景気と色のおもしろい関係
日本人大富豪ランキング トップ20の顔ぶれはこれだ!
10位でも1億円?世界一高いスーパーカーランキング【2015年版】